1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ついに正式オープンも…「レゴランド・ジャパン」に厳しい声が相次いでいる

テーマパーク「レゴランド・ジャパン」が1日、名古屋市港区金城ふ頭で開業した。世界中で知られる玩具メーカーの本格的な屋外型施設で、国内では初めて。

更新日: 2017年04月02日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
21 お気に入り 401876 view
お気に入り追加

○「レゴランド・ジャパン」がオープン

テーマパーク「レゴランド・ジャパン」が1日、名古屋市港区金城ふ頭で開業した。

午前8時すぎから開園を記念してセレモニーが行われ、トーベン・イェンセン社長があいさつした。

○日本では初進出となる

世界的な玩具ブランド「LEGO(レゴ)」をテーマとする屋外型テーマパークは世界で8番目、日本では初進出となる。

1700万個のレゴブロックで作られた動物や人形のほか、スカイツリーや名古屋城など日本の名所や街並みが再現され、展示されている。

東京ディズニーランド(千葉県浦安市)、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)に続く国内3番目の国際ブランドのテーマパークとなる。

○オープン前には500人の列ができた

あおなみ線の名古屋駅から金城ふ頭駅までをノンストップで走るレゴランド・トレインも走り、大勢の親子連れを乗せていた。

○トーベン・イェンセン社長は期待を込めた

レゴランド・ジャパンのトーベン・イェンセン社長は「家族一緒に1日中遊べる。全国から遊びに来てほしい」と期待を込めた。

トーベン・イェンセン社長は記者会見で「毎年新しいアトラクションを造るための場所は用意している」と述べた。

雨の影響からか、入場制限が必要な大混雑はなく、入園者は「快適に楽しめた」などと語った。

○40以上のショーやアトラクションをそろえた

約9・3ヘクタールの敷地に、2~12歳の子どもが家族と楽しめる40以上のショーやアトラクションをそろえた。

園内は七つに分かれ、「アドベンチャー」エリアではバギーに乗って古代寺院を探検、「パイレーツ・ショア」エリアでは海賊のキャラクターが観客を巻き込んでショーを繰り広げる。

○このニュースはネットでも話題になっています

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。