対局はポナンザが佐藤名人の攻めを誘う展開となった。ポナンザは巧みな指し回しで相手の攻めをいなして優勢を築くと、危なげなく押し切って完勝した。

出典将棋電王戦、佐藤名人がソフトに敗北 「読みの精度高く完敗」  :日本経済新聞

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

将棋電王戦、佐藤天彦名人がソフトに敗北…ファンの間に衝撃が走っている

将棋プロ棋士の佐藤天彦名人(29)とコンピューターソフト「PONANZA」の2番勝負、第2期電王戦の第1局は1日、栃木県日光市の日光東照宮で行われ、71手で後手の佐藤名人が敗れた。

このまとめを見る