1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

80年ぶりと54年ぶりの不名誉記録…ひどい試合に頭を痛める監督

2017年のプロ野球に忽然と現れた不名誉記録。80年ぶりの両軍合わせて26四球(延長1四球はカウントされず)を出した広島カープと阪神タイガース。そして54年ぶりの3年連続開幕連敗スタートとなったオリックスバファローズ。監督たちの浮かない表情が宙をさまよっていた。

更新日: 2017年04月02日

nyokikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 36553 view
お気に入り追加

▼両チーム合わせて28四死球の大乱戦…広島カープがサヨナラで今季初勝利をあげた

延長10回1死二、三塁で安部が二塁内野安打。5時間24分におよんだ大荒れの試合で、9回までの26四球(広島、阪神とも13)は80年ぶりのプロ野球ワーストタイ記録となった。

何度もミットをグッと止めて捕球し、ストライクとアピールした捕手の梅野が、どんどん険しい表情になった。打者の膝頭の下部をかすめたかに思えてもことごとく「ボール」になった。

「(ストライクゾーンに入っていると思った球を)取ってくれないとなると、(ストライク)ゾーンで勝負しないといけなくなる。ファウルを取るとか、球威で押して(バット)振らせるとか、そういうのができればよかったんだけど…」と球審の微妙なストライク判定が続いた一戦で、複雑な心境を明かした。

・阪神金本監督はガッカリの80年ぶり不名誉記録

報道陣に自軍の与四球の数を逆取材し、13の数字に「ハ~ッ」と深いため息をついた。開幕戦を62年ぶりの2ケタ得点で飾った勢いを生かせないミスの連鎖。

投手陣全体で9回までに13四球を与えたことに「みんな一生懸命やっているんだけど、四球もエラーみたいなもんだから。1人、1人が反省してやっていかないと」と語った香田コーチ。「きょうが初登板だった選手もいたし、次からはやってくれると思います」と選手の奮起に期待した。

延長に入り両軍27四球は参考記録となったが、九回までに記録した同26四球はセ・リーグ新記録で、1937年9月12日の金鯱-ライオン以来80年ぶりという日本タイ記録となってしまった。

▼泥仕合となってしまった両軍26四球の試合にTwitterでは…

広島 サヨナラもグダグダ…80年ぶり史上最多タイ9回両軍計26四球+1。(・`ω´・)

26四球の試合とか本当に終わってるよ。草野球でもそんなにでないよ。ファンに金返した方がいい。

ゾーンが一貫してたなら、球審の判定にとやかく言うべきではない。 言い訳になる。 プロ野球タイ記録26四球 球審判定に…阪神・梅野が複雑な心境(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170401-… #Yahooニュース

昨日は勝ててよかった しかし開幕から2戦、ちょっと点とられ過ぎじゃないか? 投手陣、大丈夫か?心配だ・・・ いや、これからどんどん調子を上げてくれると、信じてますよ しかし「80年ぶりの26四球、プロ野球タイ記録」て、広島、阪神共になんちゅう試合しとるんやら(ノд`;)

▼新外国人が機能せず、54年ぶりの3年連続開幕連敗スタートになったオリックス

先発の新外国人コークが3回途中5失点KO。7回は3番手の新外国人ヘルメンが2点を与えると、9回はダメ押しの6点を奪われた。

この日は起用した5投手全員が四死球を与えた。「惜しい負けなんてない。結果がすべて」と宮内オーナーが厳しく指摘した開幕戦から計17四死球。4番のロメロが来日初安打と初打点を記録しても、典型的な負けパターンだった。

・オリックス福良監督はガッカリの54年ぶり不名誉記録

福良淳一監督(56)はコークについて「強い球を投げようとして、いつもより力んでいたように見えた。四球が絡むとビッグイニングになる。今日は申し訳ない。ひどい試合だった」と厳しい顔で振り返った。

3年連続で開幕から2連敗を喫したのは54年ぶりで、阪急時代の1961~63年にまでさかのぼる不名誉記録。「作戦の立てようがなくなる」とむなしく続けた。

▼今年も繰り返された連敗スタートにTwitterでは…

オリは2連敗で開幕。2戦目は10失点以上やし。まぁでもほんとに、これからやで、これから。

オリ開幕から2試合目でひでぇ試合してんな。今日観に行った人はほんまにかわいそう。明日負けたら、開幕3連敗やから、貯金ならずに借金でシーズン終える確率96.5%かな(笑) 明日勝てたら、まぁな… 横浜は勝ったみたいやからよかった

1





このまとめが誰かの何かの役に立ちますように…。