1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

文筆家として海外デビューも…最近の星野源が活躍しまくっている

歌手で俳優、星野源(36)が2日、東京都内でエッセー集「いのちの車窓から」(KADOKAWA、1296円)の発売イベントを行った。

更新日: 2017年04月03日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
31 お気に入り 35309 view
お気に入り追加

○「逃げ恥」などで人気急上昇中の星野源

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で新垣結衣さんと夫婦を演じ、主題歌の「恋」も大ヒット中の旬の人・星野源さん

昨年大晦日に出演した「紅白歌合戦」で歌手別で2位の視聴率を獲得した歌手で俳優の星野源

新垣結衣の相手役を務め、エンディングで共演者たちと披露した“恋ダンス”が大ブームになるなど、人気急上昇中の星野。

○音楽や役者などマルチな才能を発揮している彼だが…

代表的な出演作はテレビドラマ「11人もいる!」「ゲゲゲの女房」、映画「箱入り息子の恋」「地獄でなぜ悪い」、アニメ映画「聖☆おにいさん」など。

シンガーソングライターとして聴く者の心を掴み、ときには俳優として様々な役どころを演じて視聴者を感動させ、またあるときは文章やトークで独自の世界観を発揮してマニアックな素顔を明かす。

○最近ではワンマンライブも開催

1月24日に神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールで行われた単独公演「星野源 新春 Live 2days『YELLOW PACIFIC』」

神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールで「星野源 新春Live 2days『YELLOW PACIFIC』」を開催した。

○『第9回伊丹十三賞』を受賞

伊丹十三記念館(松山市)は28日、優れた表現活動をたたえる第9回伊丹十三賞(ITM伊丹記念財団主催)を歌手で俳優の星野源さん(36)に贈ると発表した。

音楽、俳優、文筆業と幅広い活躍が評価されて伊丹十三賞を受賞したことには「人生を丸ごと認めてもらった気がしてうれしい」と笑った。

○そして今回、エッセイ集の発売イベントを行った

歌手で俳優、星野源(36)が2日、東京都内でエッセー集「いのちの車窓から」(KADOKAWA、1296円)の発売イベントを行った。

3月30日に発売された本書は、「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)に連載していたエッセイに書き下ろしを加えて単行本化したもの。

エッセイとしては異例の初版12万部で、今夏には台湾版も出版される予定となっている。

○さらに、エッセイの海外デビューも決定!

著書が累計120万部を突破するなど文筆業でも活躍しているが、「以前は文章を書くのがヘタで、うまくなるには仕事にした方が早いと思って始めたんです」と感慨深げ。

自宅や喫茶店で執筆することが多いと明かし、「本を読むのも苦手だったので苦手な人にもスルッと読んでもらえるように書きました」とPRした。

そして「これからも無理なく書き続けていこうと思いますので、よろしくお願いします」と意欲を語った。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。