1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

バケモノかよ…ケガしてたはずの大谷翔平の活躍ぶりに驚愕の声

右足首痛のためWBC出場を辞退した日本ハム・大谷翔平選手。打者として開幕から大暴れしています。

更新日: 2017年04月03日

ピュンマさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
20 お気に入り 79406 view
お気に入り追加

▼右足首痛のためWBC出場を辞退した日本ハム・大谷翔平

▼オープン戦には打者として出場し、4本塁打を打つなど好調ぶりを見せた

3月の上旬からベースランニングなどの強度を上げたトレーニングを行い始め、3月11日には二軍戦で実戦復帰を果たしました。

14日のDeNA戦(札幌ドーム)でオープン戦に初出場すると、9試合27打数8安打で打率.296、6打点、4本塁打と結果を残した。

▼開幕3連戦でも、打者として見事な活躍を見せた

・開幕戦では、花巻東の先輩・菊池雄星から2安打をマーク

日本ハム・大谷翔平投手(22)が開幕戦野手で出場し、花巻東高の先輩菊池から2安打を放った。

3回の第2打席で、花巻東の先輩・菊池雄星投手(25)からプロ入り後初めてとなる安打をマークした。

4年前は2打席2三振と抑え込まれたが「(当時と)見え方は全く違った」と、プロ2度目の対決を振り返った。

・二戦目は猛打賞を記録し、右足首痛を感じさせない滑り込みも見せた

4月1日の西武と日本ハムの第2戦、日本ハムは3ー1で今季初勝利を飾り、大谷翔平(22)は4打数3安打の猛打賞を記録した。

・三戦目は初ホームランを含む2戦連続猛打賞で、12球団トップとなる打率.667を記録した

日本ハム・大谷翔平投手(22)が2日、西武戦(札幌D)で今季1号を含む3安打を放ち、2戦連続猛打賞をマークした。

▼すさまじい活躍ぶりに、ネットでも絶賛と驚愕の声が入り乱れた

1 2





ピュンマさん