1. まとめトップ

狭い庭だけどおしゃれに目隠しとかしたい。狭小外構(エクステリア)事例集

家を土地のサイズギリギリで作ったら外構(エクステリア)にかけるお金がなくなったばかりでなく、外構をちゃんとやるスペースすらない家庭も少なくないはず。今回は小さい庭や狭い玄関前をおしゃれにかつ機能的なものにするエクステリアを紹介します。

更新日: 2018年05月31日

33 お気に入り 535714 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

endioさん

土地いっぱいに家建てちゃって庭なんてありません。

憧れのマイホーム!と家を建てた(買った)ものの、お隣さんとの距離が異常に近かったり、玄関ドアを開けて3歩で道路だったり。周りは家に囲まれていて庭と呼べるものなんてない。
そんなお家って結構ありますよね。
庭はいらないけど物を干すスペースが欲しかったり、お隣の窓が近いから目隠ししたかったり。
家を建ててから気付くことってたくさんあります。

狭いからこそ外構をしっかりしよう

分譲地には小学生の子供がたくさんいて他の家の敷地に平気で入ってきます。

駐車場でサッカーされたり、裏の庭まで入ってきて勝手に僕の子供のおもちゃで遊んだり・・・。

敷地が狭い場合、玄関まわりにゆとりのスペースを確保するのは難しいことも多いようです。限られたスペースに、狭く、急な階段が設けられている場合もみられます。

後回しに考えてしまうのが、洗濯物を干す場所です。
庭やベランダでも範囲が限定されるので、外構にも洗濯物を干せるスペースが少しでもあると、日々の家事が効率的になるでしょう。

「日当たりのよい南側にリビングを設けたけれど、道路や隣家などから覗かれているような気がして、結局、カーテンを閉めっぱなし……」というのは、よくある家づくりの失敗談のひとつ。

狭い玄関の事例

玄関ドアを開けたら3歩で道路。都市部ではとても多い事例です。
ほんの少しの工夫で家自体の印象を良くしたり、機能性を上げることができます。

玄関を開けるとすぐに道路の場合、階段が急だったり道路から家が丸見えだったりします。
このプランでは塀を立てて目隠ししつつ、階段を少し曲げることで階段が急になるのを防いでいます。

玄関前に駐車スペース(画像左側)を設けていますが、玄関前は門扉をつけて囲っています。
門扉をつけると玄関から子供が走り出すのを防げたり、勝手に玄関まで他人が入ってくるのを防げます。

ほんの少しだけ空いたスペースに花壇を作って植栽しています。花壇として枠を設けるとまとまりが出ます。
また左側の枕木は横の駐車スペースとの仕切りにもなってます。

狭いからと何も置かずにいるとかえって狭さを強調してしまったり殺風景になったり。
あえてたくさん鉢植えやオブジェを置くことで目線を集め、狭さを生かす工夫です。

結構ぎりぎりまで大きな木を植えていますが、これは成長が遅い木なのでこれ以上は大きくなりにくいです。
あえて大きい木を入れることで狭さよりすっきり感が出ます。また窓にかぶるように木を入れているのも目隠しになっていいですね。

狭い庭の事例

庭が狭い!というのは結構良くあります。
あまり庭なんて使わないと思っていたのに、いざ住んでみるとみすぼらしく見えたり外からの視線が気になったり。
狭くても庭が楽しめる工夫を集めました。

お隣との距離は1mくらいしかなく、しかもブロック塀になっていたお家。横板のフェンスを置いて窓から見える部分に植栽をしています。
窓から見える範囲が整うだけで一気にすごしやすくなります。

以前は駐車場と窓の間に芝生と小さなステップがあったお家です。
その芝生をなくし、窓から出やすいよう庭スペースをタイルテラスにして、採光パネルや横板フェンスを使った目隠しで圧迫感なく囲っています。

リビングの窓からすぐ道路になっている事例。
小さくウッドデッキを作りその外周をぐるっとフェンスで囲ったことで坪庭のようなプライベート空間が出来ています。道路からリビングが見えなくなるのもいいポイント。
水栓がミニマムでかわいいですね。

少しのスペースでガーデニングを楽しむ為にガーデニング用の収納をつけた例です。
少し棚があるだけで小さなガーデニングスペースがすっきりします。

たくさんの植物をひとかためにして植えられています。
広いお庭だと手間がかかって大変ですが、小さい庭だからこそステージのような見せ場を作ってアイキャッチを作れますね。

リビングの目隠し

日当たりの良さを考えてリビングを作ったら道路からの視線が気になる。
どうしてもお隣さんと近い位置に大きな窓がきてしまった。
そんなお家も多いです。
長く過ごすリビングをカーテン閉めっぱなしではもったいないですよ。

典型的な道路前リビングのお宅。視線は隠しながらも光は通すパネルを配置することで、道路を気にせず過ごすことが出来ます。

外のライトアップは家をより良く見せてくれたり、くつろぎの空間を演出してくれます。
この例は高い塀に照明を効果的に入れて圧迫感なくゴージャスなリビングを作っています。

このお家はカーテンを閉めて生活していたそうですが、デッキと目隠しのおかげでお隣さんを気にせず過ごせるようになりました。圧迫感のない目隠しの工夫がされていますね。

「塀が出来て狭くなるかと思っていたけど、思っていたより広く感じます。」とおっしゃっていただきました。

スキマ空間を有効活用

1 2