1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

アイドルと言えば明るく楽しい楽曲が多いですよね

踊りながら歌える曲が多いので、全員で盛り上がるのに適した曲が多いです。

ハロプロというと「LOVEマシーン」に代表されるようなノリノリで意味不明な曲や歌詞を思い浮かべる方も多い。

アップテンポな曲というのは、ポップソングにとっては王道です。

あれから17年。未だ日本はウォウ!ウォウ!ウォウ!ウォウ!になっていません。 モーニング娘。 『LOVEマシーン』 (MV) youtu.be/6A7j6eryPV4 @YouTubeさんから

しかし乃木坂46の曲は一線を画している

楽曲についてはAKBがリリースするアイドルソングの潮流とは一風変わった特色を見せている。

出典乃木坂楽曲はアイドルソングではない!良質J-POPを歌うことの期待と課題

AKB的な昨今のアイドルソングのスタンダードからは離れた、むしろ王道ポップスに近い趣を見せている。

出典乃木坂楽曲はアイドルソングではない!良質J-POPを歌うことの期待と課題

これまでの乃木坂46、いやアイドルのイメージを覆すような問題作。

MVもドラマ部分はなく、ダンスとイメージショットだけで構成されていて、シリアスな詞の内容に合っています。

命や時といったリアリティーの受容をテーマとし、白い涙と黒い涙で陰陽をつけ、それが命に置き換わっていくさまを表現。

今年も沢山の乃木坂らしい曲が出ましたが僕はやっぱり命は美しいは本当に神曲だと思っています!シリアスな曲調なのに心にグサッと強いアツいものを感じました。 #命は美しい神曲だと思った人RT #皆さんの1番はどの曲ですか pic.twitter.com/U1r05npGA7

最新シングル『インフルエンサー』でもシリアスさは引き継がれている

『自分は好きな相手の一挙手一投足から影響を受けている』という一途な想いが、星と星の関係性に例えた歌詞で描かれている。

インフルエンサーってシリアス物のドラマの主題歌とかにありそうな曲調

去年デビューした乃木坂46の妹分である欅坂46にも同じ事が言える

乃木坂46に続く“坂道シリーズ”第2弾として結成されたアイドルグループ「欅坂46」。

【サイレントマジョリティ】 欅坂46の『サイレントマジョリティー』がめっちゃかっこいい! アイドルこそ、メッセージを発信すべきだと思いました^^ youtu.be/DeGkiItB9d8 fb.me/7BLw7Ig0t

1 2





canty0628さん

気になることを「上質」なまとめとして発信していきます!似たまとめがあったとしても、他より「分かりやすく」「オリジナル」がモットーです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう