1. まとめトップ

【どうして】てるみくらぶ【こうなった】

てるみくらぶの記事をまとめてみました。

更新日: 2017年04月04日

0 お気に入り 6342 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

TAKETAKE1982さん

てるみくらぶ、直近に出発する旅行者へ送信したメール全文

お客様各位

謹啓

時下、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。日頃は、弊社主催の募集型企画旅行ツアーをご利用いただき誠にありがとうございます。

さて、突然のご連絡となり誠に恐れいりますが、この度、弊社でご利用いただいている旅行ツアーに関し、航空券の発券システムが利用できない等の事態が発生しております。
つきましては、今後の混乱防止、皆様の安全確保等の観点から、以下のとおりの緊急対応をさせていただく旨ご連絡させていただきます。

皆様に大変なご迷惑をおかけすることとなり、大変申し訳ございません。

1. 既に発券済みの航空券及びご滞在先のホテルについて

発券済みの航空券はご利用頂けるかどうか現時点で確認できておりません。また、ご滞在先のホテル等にてトラブルが生じないことを確認できておりません。

つきましては、大変申し訳ございませんが、上記の点をご理解頂ける方のみ、航空券のご利用を推奨させていただきます。

2. ご購入済みの弊社募集型企画旅行旅行ツアーの返金について

既にご購入済みの旅行ツアー代金の返金等につきましては、日本旅行業協会等関係先と協議の上、ご連絡させていただきます。

今後の対応方針の詳細等につきましては再度ご連絡させていただきます。

この度は、皆様に大変なご迷惑をおかけすることとなり、改めて深くお詫び申し上げます。

敬白

株式会社 てるみくらぶ
代表取締役 山田 千賀子

—————————————————————————–

【弊社対応窓口】

◆ 海外旅行 ◆
0570-00-2855  :ハワイ
0570-00-9577  :グアム/サイパン
0570-05-9511  :韓国/オセアニア/パラオ
0570-00-9599  :台湾/香港/プーケット
0570-05-9533  :ベトナム/バンコク/中国

—————————————————————————–

 株式会社てるみくらぶ
 (社)日本旅行業協会正会員
 観光庁長官登録旅行業第1726号
  http://www.tellmeclub.com
 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-1-1 青山ファーストビル6階

—————————————————————————–
※このメールは送信専用メールアドレスより送信しております。
customer@tellmeclub.com宛てにご連絡いただいても返信できません。
—————————————————————————–

てるみくらぶの破産

てるみくらぶが破産を決意したのは会見当日の朝だったという。
同社は、同日、東京地裁に自己破産を申請し、破産手続き開始決定を受けた。申請時の負債総額は約151億円。債務の内訳は、一般旅行者の約3万6000件の申込みに対して約99億円、96社の仕入れ先(現地ホテルやランドオペレーターなど)に対して18億円、金融機関などの借り入れが32億円、国際航空運送協会(IATA)に4億円が試算されているという。この規模の破たんは、旅行会社としてリーマン・ショック後の最大規模となる見通しだ。

格安旅行の「てるみくらぶ」破産で社長が会見(全文3)おととし春から経営難

23日にIATAの支払いの目処が付いていたと思っていたが、
22日夕方に駄目になったとわかり支払いの時刻まで努力したが届かなかった。
そして噂が広がってしまい取引先も受けてもらえず状況が悪化してしまったと山田社長は語った。

利用者、キャンセルや全額返金求める声多数 結婚式で約150万円を振り込んだ人も

4月と6月にハワイとグアムの旅行を予約したという女性は、昨年のうちに予約を行い、出発を心待ちにしてきた。2016年8月には娘と2人で3泊5日のプーケット旅行、今年の正月にはクアラルンプールへ友人と2人で行ったという。どちらも総額10万円程度と安い上にホテルもよく、「お得な旅行ができた」と満足していたという。すでに現金13万円をてるみくらぶ振り込んでおり、謝罪のメールや連絡がないことに憤っている。

てるみくらぶの取引先、広告会社が破産

東京商工リサーチによると、格安旅行会社「てるみくらぶ」と取引関係にあった広告代理店「デナリ・エージェンシー」(東京都千代田区)が、3月30日付で事業を停止し、破産申請に入った。

返金は行われるのか 「弁済業務保証金」とは何?

弁済請求額の合計金額が営業保証金額を超える場合には、「弁済業務保証金」、「営業保証金」の範囲内で請求額に応じて按分される。つまり、弁済保証金が1億円、請求額が10億円の場合は、利用者は請求額の10分の1しか返金されないことになる。

返金は困難か

同社によると、旅行代金の弁済は日本旅行業協会からの総額1億2000万円分が限度としており、大半が返金されない可能性がある。「お預かりした旅行代金の全額の弁済ができなくなることにつきまして重ねてお詫び申し上げます」と謝罪している。

被害者の会は出来ている模様

てるみくらぶ被害者の会では民事ではなく刑事にて進めていきたいと思っております。

様々なニュースが流れる中不安になられている方は少なくはありません。
その為に被害に遭われた方の情報、署名が必要となります。

「安かろう悪かろう」「代理店に頼むからこうなる」「引っかかる方も引っかかる方」
などと言う方もおりますがそんな言葉に流されずに戦っていきたいと思います。

今回の件で泣き寝入りしてしまう前に一度ご連絡を

1