1. まとめトップ
  2. 雑学

全てクローン!?日本の桜『ソメイヨシノ』のちょっと儚く感じる雑学

サクラと言えばソメイヨシノが有名ですが、そんなソメイヨシノのちょっぴり切ない雑学をご紹介

更新日: 2017年04月05日

canty0628さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
56 お気に入り 87734 view
お気に入り追加

見ごろを迎えている桜

普段会えない仲間と集まりワイワイと花見を 楽しんだり、.恋人とゆったり花見をしながらデートするのも楽しいですよね。

その花は春の一時期にある地域で一斉に咲き競い、わずか2週間足らずで散るため、日本人の季節感を形成する重要な風物となっている。

日本を代表する桜と言えば

第二次世界大戦後に爆発的に街路樹、河川敷、公園、学校などに植樹されていくようになりました。

@toshibow5 私の大好きな花。 いちばん好きな花 と言えば やはり日本人の、心の花 桜 を挙げます。 中でも、ソメイヨシノです。 太く短かい生き様 かよわく 切なき花 桜。

このソメイヨシノと言う品種は江戸時代に作られたものだった

江戸時代末期に、染井村(現在の豊島区駒込)の植木屋が、大島桜と江戸彼岸桜を交配して作りだしたもの。

奈良県吉野にあやかり「吉野桜」という名でしたが、吉野山の山桜と間違えやすいため「染井吉野」と改名。

そんなソメイヨシノはすべてがクローンなのです

接ぎ木とは増殖を目的として、増やしたい木の枝を切って別の木に接ぎあわせることです。

接ぎ木や挿し木は、元の木と切り取った木が全く同じ遺伝子なため、よく「クローン」と言われます。

ソメイヨシノ以外のサクラとの間で交配することは可能であり、実をつけその種子が発芽することもあり、これはソメイヨシノとは別品種。

ソメイヨシノ同士で種を作ることは無くって、ソメイヨシノは別の花と種を作るんだって。だから、ソメイヨシノから出来てる種から芽が出ても、その芽はソメイヨシノじゃない…らしい?接ぎ木っていう、枝を切り取ってそこから成長させる方法で増やすんだって。だから似たような個体になる、と。

しかしクローン故にこんな事も起きる!

日本各地の桜(主にソメイヨシノ)の開花予想日を結んだ線のことである。

1 2





canty0628さん

気になることを「上質」なまとめとして発信していきます!似たまとめがあったとしても、他より「分かりやすく」「オリジナル」がモットーです。