1. まとめトップ

ニキビができやすい人へ薦めたい変化

ニキビを本気で治したい人達へ取り入れてほしい変化をまとめてみた

更新日: 2017年06月26日

karupinnさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 211 view
お気に入り追加

ニキビができやすい人は主に食生活が問題があります。
ニキビ予防・改善に積極的に摂取してほしい栄養素が主に「ビタミンA」「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンC」「ビタミンE」の5種類です。

ビタミンA

ビタミンAは、健康的な皮膚を保つ役割があると言われている栄養素です。

ビタミンAを含む食材には、次のようなものが挙げられます。

にんじん、トマト、ほうれんそう、豚レバー、モロヘイヤ、卵、うなぎ、あなご、こまつな、牛乳 など

ビタミンAは脂溶性のビタミンのため、油で炒めるなどして食べることがおすすめです。

ビタミンB2

ビタミンB2は、過剰な皮脂を防ぐ役割があると言われている栄養素です。

ビタミンB2を含む食材には、次のようなものが挙げられます。

卵、納豆、うなぎ、モロヘイヤ、とうがらし、チーズ、アーモンド、よもぎ、どじょう など

ビタミンB2は、調理方法による影響を受けにくいとされているため、自分好みの調理法で食べると良いでしょう。

ビタミンB6

ビタミンB6は、ビタミンB2と同じく過剰な皮脂を防ぐ役割があると言われている栄養素です。

ビタミンB6を含む食材には、次のようなものが挙げられます。

まぐろ、にんにく、鶏肉、さんま、牛肉、ピスタチオ、ごま、豚肉、さんま など

ビタミンB6をじょうずに取り入れるには、調理などをするよりも、新鮮な状態のまま食べるのがおすすめです。

ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの生成を助ける役割があると言われている栄養素です。

ビタミンCを含む食材には、次のようなものが挙げられます。

赤ピーマン、アセロラ、ゆず、レモン、ピーマン、ブロッコリー、キウイ、キャベツ、いちご など

ビタミンCは、水に溶けやすく熱による影響も受けやすいと言われています。そのため調理をするときは、さっと炒めるなど手早く調理をすることをおすすめします。

ビタミンE

ビタミンEは、体内の酸化を防ぐ役割があると言われている栄養素です。

ビタミンEを含む食材には、次のようなものが挙げられます。

さつまいも、じゃがいも、アーモンド、落花生、かぼちゃ、うなぎ、ほうれんそう など

ビタミンEは、ビタミンCを含む食材と一緒に食べるのがおすすめです。またビタミンEを含む食材自体の酸化は早いとされているので、できるだけ新鮮なうちに食べるとよいでしょう。

肌をきれいに保ち、ニキビを出来にくくするのはポイントがあります。

手を清潔にする

いろんなものを触る手は常に雑菌がたくさんついてます。そのような手では雑菌を手に塗るようなものです。

洗顔は1日2回まで

洗顔の際に、肌と指の間に摩擦が起こると、肌に負担がかかりやすくなると言われています。洗顔料を、泡立てネットなどを使ってよく泡立て、指の腹を使って丁寧に顔の上をすべらせましょう。

よく泡立てた泡で丁寧に肌にすべらせる

洗顔の際に、肌と指の間に摩擦が起こると、肌に負担がかかりやすくなると言われています。洗顔料を、泡立てネットなどを使ってよく泡立て、指の腹を使って丁寧に顔の上をすべらせましょう。

すすぎ残しがないようにする

睡眠が足りないとストレスが溜まり、ホルモンバランスが崩れて皮脂の量が増え、ニキビの原因のひとつとされている毛穴づまが起こりやすくなると言われています。

ストレスを溜めないこと

ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れ、皮脂の量が増えると言われています。皮脂の量は過剰に増えすぎてしまうと、毛穴が塞がれニキビの原因のひとつとなります。
ストレスが続いていると感じた時は、リフレッシュする時間を意識的に作るようにしましょう

油分の多い食べ物

スナック菓子、揚げ物、チョコレート、洋菓子などの、油分を多く含む食べ物は、過剰な皮脂の原因になると言われています。その結果、ニキビの原因につながることがあるのです。

・糖分の多いもの

洋菓子、清涼飲料水などの、糖分の多いものは、ビタミンB群(ビタミンB2 、ビタミンB6など)やミネラルを大量に使って分解されると言われています。そのため、過剰な皮脂を防ぐ働きが弱まりやすくなってしまい、ニキビの原因となることがあります。

枕カバーや布団カバーは、頻繁に洗濯をするように心がけましょう。
しかし、布団カバーはあまり頻繁に洗濯するのは難しいので、顔周りに付着しそうな部分だけタオルなどで覆い、そのタオルを清潔にするように意識してみてください。
直接肌が触れる寝具は、皮脂や汗などで汚れます。そうした汚れは、目には見えない雑菌となり、ニキビの原因のひとつとなると言われているのです。

体を動かすと血行が良くなり、代謝のサポートとなります。また、適度に体を動かすことで、睡眠の質が上がると言われています。簡単なストレッチやウォーキングなど、簡単なものでも構わないので、意識的に取り入れてみることをおすすめします。

まとめ

1 2





karupinnさん

気になったこと何でもまとめていきます。