1. まとめトップ

ドアノブまわりの傷をスクラッチリムーバーで消せるのか

家族の車のドアノブまわりに爪痕のようなキズがたくさん付いているので、QUIXXのスクラッチリムーバーを使うと消せるのか? を試してみました。

更新日: 2017年04月11日

0 お気に入り 918 view
お気に入り追加

■QUIXXのスクラッチリムーバー

重量が軽いので、定形外郵便で届きました。

(写真はクリック2回で最大表示可)

箱はそれ程大きくもなくて、小さなチューブ入り2本です。

裏側には、使用方法などが記載されています。

★商品の注意点

ドイツ製といわれるこのQUIXXのスクラッチリムーバーは、輸入の際にそのままの元箱に、裏面に日本語記載の使用方法の書かれたシールが貼ってあるものでした。

似たようなバージョンとして、元箱の表側が日本語になっているものもあるようですが、販売価格で選んで問題ないみたいです。

★商品特徴など拡大

裏面の商品特徴箇所を拡大撮影。

使用前に読んでおきたい注意点を拡大撮影。

裏面の使用方法箇所を拡大撮影。

■中身

白い布が2枚。1枚に1液をつけて車に塗る。2分とか放置した後に、拭きとるの繰り返し。
もう1枚は仕上げの際に、2液をこれで塗り、拭き取る。

■ターゲット傷とは?

国産の右ハンドルの運転席のドアノブを斜め後ろからスマホで撮影した写真です。

先ほどのドアノブを真横からスマホで撮影。

鍵穴の上あたりにたくさんのキズがあります。

先ほどのドアノブを前側から斜めに撮影した写真です。

★どんな状態のキズなの?

右手の人差し指で触ると、「あ~もうこれはザラザラしていて、いわゆる爪に引っかかる深いキズで無理なやつか」という感触です。

★ボディカラー

メタリックシルバー色です。

洗車回数が少なくても綺麗に見える・・・と人気もありますが、このようなシルバー系は線キズが目立つ傾向にあります。

■作業場所

曇りの天候で、屋根付き月極駐車場内にて、16時45分くらいに作業を開始。

よく屋外の屋根なし駐車場で作業される人が多いと思うのですが、車のボディの傷は、屋根のある方が光が乱反射しないのでクッキリ見えます。

■家族の話では

家族の車になるので、話を聴くと、

「新車で買ったらすぐにドアノブ周辺に中型犬が前足で引っ搔いたようなキズができてしまった」という話でした。

家の中で買う小型犬を車に乗せる時に引っ掻いたのかもしれませんし、単純に女性の爪あととして傷が付いたのかもしれません。

■別途用意したもの

大きさは、38cm x 38cmを新品で2枚使いました。

車に塗っては数分後に拭き取るの繰り返しですので、布は多めに用意するのがお勧め。

素材レーヨン85% PP15%
輸入元 ユニバーサルコーポレーション

よくわかりませんが、パッケージに、「レーヨン(ユーカリやアカシアの木の繊維)の柔らかさ・汚れ落ちの良さ・強度が特徴!」 という風に書いてありましたので、柔らかいのかもしれません。

■作業開始から1時間後

右側の運転席のドアノブをやるついでに、後ろのドアノブの右側だけを作業しました。
1時間後、しんどくなったので、作業を中断し、2液を塗って拭き取り終了しました。

「腕を高速で動かすのがコツ」とネットに散見されたのですが、意外としんどかったので、中断しました。

■キズの改善チェック

1 2 3