1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

三陸でウニが大量発生…海の生態系が崩れ始めている

三陸近海でウニが大量に発生しており地元の漁師さんたちが困惑しています。

更新日: 2017年04月06日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 77156 view
お気に入り追加

■三陸沖でウニが大量に発生しているらしい

■ってことは今年はウニが安く買えるってこと!?

■ところが、そうはいかない事情があるようです

産地では、ウニが多すぎて漁師が頭を悩ませているという

■ウニの大量発生によって海から海藻が消えている

■餌となる海藻が不足することでウニも十分に成長ができず…

エサとなる海藻がないため、ウニ自体の身が小さく、売り物にならない

アラメやコンブといった大きな海藻を食べ尽くし、栄養を十分摂取できず中身がすかすかになる負の連鎖が起きている

身入りの悪いウニを肥育して商品化する試みもあるが、採算性に問題があるのか本格的な事業になっていない

■そもそも何故ウニは突然に大量発生したのか?

■ウニの大量発生によって海の生態系が崩れ始めている

海藻はそれ自体アワビやサザエといった貝類などのエサになるほか、海藻の表面に付着した小さな藻や微生物は小型のエビなど甲殻類のエサとなります

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する