1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今年は完璧ストライク!土屋太鳳の始球式がお見事すぎる

土屋太鳳がロッテの始球式で見事な投球を披露、昨年のリベンジを果たしました

更新日: 2017年04月07日

solmesさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
20 お気に入り 94984 view
お気に入り追加

▼土屋太鳳

土屋 太鳳(つちや たお 、1995年2月3日 - )は、日本の女優である。東京都出身。

オーディションで芸能界入りした後、ティーン誌のモデルやドラマ、映画などへの出演を重ねNHK連続テレビ小説「まれ」の主人公役でブレイク

主演映画『orange-オレンジ-』(15)、『青空エール』(16)も大ヒットし、最新作となる映画『PとJK』(3月25日公開)では、警察官・功太(亀梨和也)と秘密の結婚生活を送るヒロイン・本谷歌子(カコ)を演じる。

▼ダンスやマラソン...運動神経がずば抜けていることで有名

3歳から15歳まで、日本舞踊とクラシックバレエに励んでいた土屋は現在、女優業の傍ら舞踏を学ぶ体育大生でもある。

ダンスの腕前は海外でも評価され、世界的歌姫・シーアのミュージックビデオにも出演した。

昨年秋放送のTBS系「オールスター感謝祭」の赤坂5丁目ミニマラソンでは女子で1位を記録。

▼そんな土屋太鳳がロッテの本拠地開幕戦で始球式をすることに

女優の土屋太鳳が4月4日、ZOZOマリンで行われる本拠地開幕戦(対日本ハム)で始球式を行うと発表

土屋はロッテ「ガーナミルクチョコレート」「雪見だいふく」のCMに出演。2年連続で大役を務めることになった。

土屋は球団を通じて「野球は2アウトから。演技に迷うとき、自分の限界を感じるとき、この言葉は私に力を与え、上を向かせてくれます。私にとって野球は人生の師匠。貴重な始球式の1球に恩返しの気持ちを込めて全力で投げたいと思います」とコメントした。

▼実は...2016年の始球式では悔し涙を流していた土屋太鳳

土屋は昨年も本拠地開幕戦で始球式を務めているが、その時はワンバウンドして悔し涙を流した。

土屋も自身の投球に納得がいかない様子で、取材中に思わず“悔し泣き”。瞳をうるませながら「みんなの気持ちを込めて投げました。ただそれで緊張しちゃって、自分の精神力の強さが足りなかった…。でも気持ちは全力で込めました」と心境を語り、「リベンジしたい、次は(ノーバンで)届けたい」と意気込んだ。

▼そして今年は...見事なノーバン&ストライクを決めた!

女優の土屋太鳳(22)が4日、ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ―日本ハム戦の始球式に登場した。

ベンチ入り選手25人に次いで“26人目の選手”という意味で、ロッテファンを示す背番号26のユニホームを着てマウンドへ。

土屋太鳳、ロッテ―日本ハム戦始球式で見事ノーバン投球!練習でもストライク連発 dlvr.it/Np8WTT #野球 #スポーツ新聞 pic.twitter.com/BDjvAf3QfL

狙いを定め、ノ―ワインドアップから投じたボールは、山なりながらもノーバウンドで捕手のミットに収まるストライク投球となった。

昨年はノーバウンドながらも、ボールは右にそれて打者の頭の上を通過。見事な〝修正能力〟を披露した

▼喜ぶ土屋太鳳が可愛すぎる

小躍りして喜んだ土屋は、一礼した後に感無量の表情。球団マスコットに出迎えられると、小さくガッツポーズも飛びだした。

1 2





興味のおもむくまま、楽しいまとめを作っていきたいと思います^^