1. まとめトップ

ライダーはもちろんそうじゃなくても!?思わずバイクに乗りたくなるバイク漫画

料理漫画を読むとなんだかそれが食べたくなってしまうように、バイク漫画を読んでいるとバイクに乗りたくなってしまいます。

更新日: 2017年04月06日

portejalさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 8518 view
お気に入り追加

ワイルド7

アニメはもちろん実写映画など様々な展開がされた伝説的バイク漫画。
バイクのかっこよさやアウトロー感が表現されています。

「法では裁けぬ悪党を、裁判にかけずに殺すことを許された警察官」によるグループの名称。
様々な分野からスカウトされた7人のアウトローで構成されている。
ワイルド7の創設者であり上司でもある、「隊長」と呼ばれる草波がいる。
1969年から1979年にかけて少年画報社の漫画雑誌「週刊少年キング」に連載された。
1972年10月9日から1973年3月26日までテレビドラマ化され、毎週月曜19時00分から19時30分にて日本テレビ系で放送される。全25話。

アウトローな警察部隊の話なので、基本は大型バイク。
これにそれぞれのメンバーが大型の拳銃を持っているのがスタイル。

バイク:HONDA CB750FOUR
後進走行可能
フロントとリアのフォークそれぞれに一基ずつ、合計四基のリフト・ジェットを装備。これを用いて水面を走ったり(「千金のロード」)、障害物を飛び越えたり(OVA版)できる。
シート後端部にマグネットアンカー・スロウアーを装備。本来の使用目的は路上の障害物除去だが、武器として使用したこともある(「バイク騎士事件」)。

バリバリ伝説

20世紀のレース漫画の金字塔的存在。
最近まで初の女子ソフトボール漫画を連載していましたが、打ち切りじみた終了→車漫画の新作を連載開始というニュースが流れていました。

『バリバリ伝説』(バリバリでんせつ)は、オートバイ競技(ロードレース)を題材としたしげの秀一による日本の漫画作品、およびそれを原作としたアニメ作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて、1983年から1991年まで連載された。

レースが題材でストーリーが進むに連れてクラスもアップしていきますので、様々なバイクに乗っています。

高校生チームのライダーとして、鈴鹿8時間耐久ロードレースのサポートレースである鈴鹿4時間耐久ロードレース(鈴鹿4耐)にスズキ・GSX-R400(F3仕様)で参戦。ライバルの聖秀吉とコンビを組み、終盤に怒涛の追い上げをみせて優勝する。

湘南爆走族

代表的な暴走族もの漫画。
江口洋介と織田裕二で実写映画化もされましたが、江口洋介は映画初主演で織田裕二はデビュー作とそういった面からも時々紹介されます。

『湘南爆走族』(しょうなんばくそうぞく)は、吉田聡による暴走族漫画、およびそれを原作とした映画とアニメ。吉田の代表作でもある。『少年KING』(少年画報社刊)に1982年から1987年まで連載。
神奈川県の湘南海岸を舞台とし、2代目リーダーの江口洋助をはじめとする暴走族「湘南爆走族」メンバー5人と、地獄の軍団など他の暴走族などの登場人物やグループを中心に友情や恋愛などを描いた漫画。ギャグの割合が多いものの、喧嘩やバイクバトルなどの描写、グループ間の抗争などシリアスなストーリーも見られる。

主人公がバイクに詳しいというのもポイント。
自分でいじるという行為へのあこがれも強くなります。

愛車はGS400改ファイアパターン仕様とパッソル。ヤナギヤポマード愛用。自分の愛車をフレームから組み立てるなど、バイクに詳しくメンバーのバイクの調子が悪い時は彼が面倒を見ている。

湘南純愛組

湘南爆走族とは非常にタイトルが似ていますが、無関係だそうです。
湘南爆走族が暴走族ものであるのに対し、年代的もヤンキー色が強いです。
ちなみにこちらの続編がGTOです。

『湘南純愛組!』(しょうなんじゅんあいぐみ!)は藤沢とおるによる日本の漫画作品。
「週刊少年マガジン」連載。「鬼爆コンビ」とよばれる鬼塚英吉・弾間龍二を主人公とした不良の物語。続編に『GTO』がある。その他、鬼爆の中学時代を描いた『BAD COMPANY』がある。作品当初はギャグありバトルありのラブコメディ路線であったが、すぐに不良ものの話が展開された。しかし単なる不良ものではなく、「男らしさとは何か」をテーマとしている。

ヤンキーの話なのでヤンキー人気のバイクが多数登場。
主人公の鬼塚英吉は前編を通してゼファーでした。

愛車は物語前半はカワサキ・バリオスから[ゼファー400]、[ゼファー750]、中盤からゼファー1100のMKミッドナイトのカスタム仕様。

ばくおん!!

食い合わせが悪いような良いようなバイク×萌え漫画。
メインキャラのバイクはそれぞれ違うメーカーでバイクあるあるなどの小ネタもあり、意外とコア層も楽しめるようです。

『ばくおん!!』は、おりもとみまなによる日本の漫画作品。『月刊ヤングチャンピオン烈』(秋田書店)にて2011年No.3より連載中。また『ヤングチャンピオン』(同社刊)2013年No.13には出張版(第27話)が掲載された。キャッチコピーは「ありそうでなかった“女子高生×バイク”で贈る、爽快ハイテンション学園コメディー」。

バイク素人の主人公は教習車だったCB400SFにそのまま乗るという他の漫画では無いような展開。

教習所での教習車「バイ太」との出会いを経て、恩紗の家で買ったホンダ・CB400SF SPEC3(ピンク全塗装)に乗ることになった。

1





portejalさん