@はそもそも、単価を表す記号として扱われており、現在も商売において扱われています。例えば、500円の商品を表す場合に、@500 というように使用されます。また、海外でも例えば米ドルを表す際に、@$500(この場合、500ドル)のように使用できます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

@(アットマーク)の意味をちゃんと理解してる?@の本当の使い方、読み方など、多様化する@まとめ

@(アットマーク)の使い方、正しく把握できていますか?仕事でも、日常でも、ネットスラングでも、もちろん海外でも幅広く扱われる@。理解して正しい@を使おう!

このまとめを見る