1. まとめトップ

結婚式、ここはケチるな!&ここはケチってOK!なポイントまとめ

ウェディングハイにはご注意を・・・

更新日: 2017年04月12日

20 お気に入り 49703 view
お気に入り追加

結婚式は賢く節約することが大切!

一生に一度の結婚式。あれもしたい!これもしたい!とオプションを積み重ねていくと、とんでもなく高額な費用がかかってしまいます。
もちろんケチりすぎることが良いとは言えませんが、お金をかけるところ、節約するところはしっかり見極めることが大切です♪

ケチってはいけないポイント①式場・会場

高級ホテルや式場にこだわるべき!というわけではなく、ゲストが参列しやすいか、自分たちの希望を叶えてくれるのか、というポイントを妥協しないことが大切です。

招待する予定のゲスト全員が余裕をもって入れる会場かどうかは、基本中の基本となるチェックポイント。

出典何を重視したい?結婚式場の選び方のポイント教えます!:結婚STYLE

収容人数ギリギリで、ぎゅうぎゅうに詰められたような式場はゲストも気持ちよく参列できません。

ウェイティングスペースや駐車場など、ゲストのための設備が整っているかも大切なポイント。

出典何を重視したい?結婚式場の選び方のポイント教えます!:結婚STYLE

ゲストの人数に対してトイレや化粧室の数は充分か、年配のゲストが多い場合は、階段や段差が多くないかといったこともチェックしておきましょう。

出典何を重視したい?結婚式場の選び方のポイント教えます!:結婚STYLE

新郎新婦は結婚式までに、何度も打ち合わせのために式場に訪れます。式場利用料が他の式場よりも多少高額だとしても、駅から近いこと、交通の便が良いことも妥協できないポイントです。

②卓上装花

ゲストの記憶には残らないと思われがちな装花ですが、写真に残ることや開宴から閉宴までゲストの目の前にあることを考えると、気を付けたいところでもあります。

出典現役プランナーが提案する!結婚式で失敗しない節約ポイント:skinawedding

披露宴では広い会場になればなるほど衣装や装花等は目立たなくなります。
選ぶ時には「派手だな」とか「大きすぎる」とか思われますがいざ開宴するとこじんまりした物は「全く」目立ちません。
いくらお金をかけても小さい物は全く目立たないのです。
そして「ケチくさく」ご列席の方にも見られますので「見える所」には神経を使って頂きたいと思います。

出典結婚式、披露宴でここケチって失敗した。逆にここ:YAHOO!知恵袋

やはり近くで見ると生花か造花かは一目瞭然!!「あ、お花はケチったんだな・・・」と披露宴の最中ゲストに思われ続けるよりかは、綺麗な生花でゲストをもてなすことが大切です。

③料理

結婚式に招待されたゲストが一番気にするのがやはり「料理」
ご祝儀はお気持ちとはいえ、料理代と引出物代を払っていると感じている人も少なくありません。

出典結婚式☆ケチっていいところ、絶対にダメなところ《節約》:lovemo

20代前半カップルの結婚式ならまだしも、30代カップルの結婚式に招待されるゲストはそれなりに目が肥えています。
料理の値段も大体予想を付けられる人が多くなってくるので、絶対に料理に関してはケチってはいけません。

出典結婚式☆ケチっていいところ、絶対にダメなところ《節約》:lovemo

のちのちまで「ケチな人」とレッテルを貼られることもあるので気を付けましょう。

出典結婚式☆ケチっていいところ、絶対にダメなところ《節約》:lovemo

残酷なようですが、現実はゲストが楽しみにしているのは料理。という場合が多いようです。
美味しい料理があってこその楽しい結婚式!!通常のプランよりもワンランク以上のコースにすることが望ましいです。

④引き出物

出典ren-ai.jp

ゲストの気持ちになって、貰ってうれしいものを選びましょう♪
無難なのはカタログギフトですが・・・

ゲストの皆様が、料理の次に楽しみしているのが、引出物でしょう。
そして、引出物は相手の手元に残る品物ですから、ケチったかどうかは一番わかりやすいです。

出典現役プランナーが提案する!結婚式で失敗しない節約ポイント:skinawedding

そして、引出物で最近人気の「カタログギフト」って案外値段がわかりやすいようですね。
特に、人気のメーカーのカタログギフトは値段を知られる可能性が高くなるので要注意です!

出典現役プランナーが提案する!結婚式で失敗しない節約ポイント:skinawedding

ゲストの好きなものが選べるカタログギフトは引き出物の中でも人気がありますが、式場が手配してくれるカタログギフトは他の式場と被ってしまう場合が多いようです!
ネットで検索して自分で手配するか、カタログギフトはやめて、ゲストに合った引き出物を選んだほうが良いかと思います。

▼写真

カメラマンは絶対プロに頼もう!

カメラマンに関してはプロにお願いするのがベストです。
ケチってゲストの写真好きにお願いすると、ゲストにも負担になりますし、予測できないトラブルに対応することが難しいことがあります。

出典結婚式☆ケチっていいところ、絶対にダメなところ《節約》:lovemo

節約したい方は外部からカメラマンを持ち込みした方がいいかもしれませんが、式場提携先のカメラマンさんは何度も同じ式場で結婚式の撮影を経験しているわけですから、「良いアングル」というのは既に分かっている場合が多く、場慣れしているという点では全く式場を知らない外部のプロよりは頼りになると思います。

出典結婚式のココをケチったらダメ!な3つのポイント:結婚準備ブログ

写真は思い出として残るもの。ケチらずに経験豊富な式場のカメラマンに依頼しましょう。

ケチってOKなポイント①挙式後のブーケトス以外のオプション

出典g-po.jp

挙式後にダラダライベントを続けるべきではない!
ブーケトスも28歳を超えるとやらなくていいと考える方が多いです。

オプションは実際に式場側の儲けになります(笑)
ですので基本さえしっかり選んでおけばオプション等はつけなくても良いと思います。
バルーンですら5万円以上しますし・・・

出典結婚式、披露宴でここケチって失敗した。逆にここ:YAHOO!知恵袋

ガーデンウェディングなどでよくある、風船を空へ飛ばすバルーンリリースもいりません。(笑)
いったん外へ出て・・・また室内へ戻って・・・なんてゲストからしたらたまったものじゃありません。

最近は新郎が友人に向かってブロッコリーを投げる「ブロッコリートス」も流行っているようですが、ゲストからはあまり人気がありません・・・

ブロッコリーもカリフラワーもいらね…

出典結婚式のブーケトス、どう思いますか?:ガールズちゃんねる

②ベール・グローブ

1 2





ここあみるくここあさん