1. まとめトップ

【保存版】YouTube動画の再生回数を増やす10つの方法まとめ

子供から大人まで、大人気のYouTube!【YouTuberになりたい】なんて台詞もポツポツと聞くようになってきました。しかしYouTuberも簡単な仕事ではありません・・・何と言っても一番の壁は、活動していけるかにも直結する【再生回数】!果たしてYouTubeの再生回数を増やすコツとは・・・?

更新日: 2017年08月01日

4 お気に入り 52081 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

最近では色々と話題を集めている【YouTuber】

移動の時や寝る前、さらにはトイレの中など、暇があればついつい観てしまうYouTube・・・。

一つ動画を観ると、関連動画に指が伸び、次から次へと・・・なんて人も多いのでは?

学研ホールディングスが、「小学生白書Web版2016」の調査結果を発表しました。このなかで、「将来つきたい職業」に「YouTuber」と回答した小学生がいたことを報告しています。

YouTuberを目指し、実際に始めるのは簡単です(動画を投稿するだけですから)。

しかしYouTuberというのは、動画の収益だけで生活している人という認識が一般的でしょう・・・そうなってくると一番の壁は【再生回数をどうやって増やすか】という点!

Youtuberが大量発生してしまっている昨今のYoutubeで成功するのは至難。動画投稿には、初期投資も掛からないし、パソコンとカメラさえ有れば誰でも簡単に動画投稿できる・・。それだけで金を稼げるなんて、こんな素晴らしいビジネスモデルは有りませんからね。

基本的には再生回数を稼ごうという発想はせずに、質の高いコンテンツを出していくという発想に変えるのが吉ですね。ただ、Youtubeって始めたての頃は誰も見てくれないんですよね。再生回数も1ケタだと、どうしても寂しいチャンネルに見えてしまいます。

再生回数を増やす方法をまとめてみた!

──動画を撮る前に考えておこう!

・タイトルの冒頭に関連性のあるキーワードを含めるようにする。
・文字数が多過ぎて途切れることがないようにタイトルは簡潔にする。
・ 誤解を招くようなタイトルを付けると動画の評価や総再生時間に悪影響が及ぶことがある。
・ 公開後しばらく経った後も視聴者を引き付けることができるよう動画のタイトルを更新する。

YouTubeの公式ヘルプページにも書いてある基本中の基本です!

コメント欄も忘れてはいけないポイント。
コメント欄が盛り上がっていると、それがどんな動画だとしても、動画自体が盛り上がっていると演出させることができます。

人は問われたら答えたくなるものなので、何かを問いかける動画だったり、あまりおすすめはしませんが、炎上商法と呼ばれる動画もコメント欄を賑わす一つの手法です・・・

──動画を撮り終わっても手を抜かないように

動画にとって【編集】は命と言ってもいいでしょう。
ポイントとしては【凝る】ではなく【見やすい】という点を意識するということ。

いくら凝った編集でも、画面がガチャガチャ動いて観にくかったり、長々と同じシーンを観せられても、視聴者はちっとも面白くありません・・・

単純にポンと動画をアップするよりも、文字入れ・カットなど、パソコン上で丁寧に編集をくわえたほうが、当然アクセス数の多い動画となります。初心者のうちほど、こうした編集の手間は怠らないようにします。

サクっと観れる動画時間がおすすめです。
10,000分の動画を見切れる自信はありますか・・・?
極端な例でしたが、つまりは観る人の負担にならない最適な時間で動画を締めること。

トップYouTuberが投稿する動画はだいたい10分前後で完結するものばかり・・・!

人間の集中力とうのは果たしてどのくらいが限界なのでしょう。一般的には90分と言われていますが、これは主に学生など若い人に当てはまるものです。集中力は90分が限界というものの、集中力の波は15分周期と言われています。

投稿時間とは【何時にアップしろ!】という意味ではなく、自分が狙っている視聴者層が動画を観そうな時間にアップするということ。

ちょっと難しそうな言い方でしたが、主婦向けなら昼過ぎから夕方など、つまりその層が動画を観る【暇がある】時間を狙うということです。

結論から言えば、「チャンネルを視聴してくれているユーザー層によって違う」です。視聴しているが小学生が中心の動画なのに、23時なんかに投稿しても見られるわけないですからね。(寝ちゃってますから)

サムネイルとは動画の表紙のこと。
動画の一覧が並んでいるところに表示されている一枚絵のことです。
つまりそこで視聴者に【観たい!】と思わせなければいけないのです。

【サムネ詐欺】というサムネに釣られて(言い方は悪いですが)動画を見てしまった・・なんて言葉もあるくらいです。

──こんな方法もあります

あまり知られていないかもしれませんが、実際に購入可能です。
再生回数を購入して増やすということは、結局は再生回数を増やすことに繋がるのです。

再生回数を増やすことによって得られる最大の効果は、【この動画50万再生されてるし人気の動画なんだな】と思わせられることです。
短時間で再生回数が増えれば急上昇ランキングにも入りますので、さらに人の目に止まります!

Youtubeの再生回数はそれ自体が「ブランディング」の役割を担っていて、多く再生されるほどそのブランディングは強化されていきます。だから、たとえ見せかけの再生回数だとしても、再生回数を稼ぐことには大きな意味があります。

こんな動画を投稿しtwいるくらい、YouTube界では認識されていることなのです。

Twitterやブログを利用して、動画の宣伝をするのも効果的です。
実際にほとんどのYouTuberがやっていること・・・。

Twitterなどの利用者層はYouTubeとは似て非なるものです。

新たなエリアからの視聴者というのも再生回数を増やすには、とても大切な要因です。

1 2