1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

アメリカ国連安保理でさらなる攻撃を警告…シリア攻撃から一夜明けて

アメリカのトランプ政権がシリアの空軍基地を攻撃…安全保障理事会は緊急会合を開き一夜明けて徐々にわかってきた事とは?

更新日: 2017年04月08日

6 お気に入り 35632 view
お気に入り追加

アメリカのシリアへのミサイル攻撃で国連安保理が緊急会合

「化学兵器の使用や拡散を防止することは国家安全保障上の不可欠な利益だ。(攻撃は)完全に正当化される」と強調。

国連安保理で、アサド政権を支援するロシアは「シリアによる化学兵器攻撃というのは、でっち上げだ」と主張

アメリカは、さらに追加攻撃を警告

「昨夜は非常に慎重な措置を取った。もっとやる用意があるが、その必要がないことを望む」と追加攻撃を警告

これまでにわかっている経緯は…

今月4日、シリアの北西部の反政府勢力が支配する町が空爆を受け、少なくとも72人が死亡

トランプ米政権は6日夜(日本時間7日午前)、化学兵器の使用が疑われるシリアのアサド政権軍へ巡航ミサイルによる攻撃に踏み切り、「力の外交」を誇示

基地が「化学兵器攻撃の拠点だった」とみて、滑走路や軍用機、レーダーなどを標的とした。国防総省はロシア軍に攻撃を事前通告したとしている。

シリアの国営通信社は、米国のミサイル攻撃で市民9人が死亡したと伝えた。うち4人は子どもとしている。

アメリカとロシアが対立

ロシアはシリアの化学兵器排除の保証人のはずだが、明らかに実現できていない」と批判。

アサド政権軍の後ろ盾であるロシアは「主権国家に対する侵略」と反発

各国の反応や動きは…賛成反対に分かれる

2003年に米国が安保理でイラクの大量破壊兵器能力を報告し、武力行使に踏み切ったことを引き合いに出し、米国のシリア攻撃を「極めて深刻な国際法違反」と痛烈に批判

シリアは一貫して化学兵器使用を否定し、「攻撃は米国の侵略だ」(シリア国営テレビ)と反発。

・アメリカ支持を表明した各国も

「化学兵器の拡散と使用は絶対に許さないとの米国の決意を支持する」と表明した。米国の行動は「これ以上の事態の深刻化を防ぐための措置と理解している」と述べた。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。