1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

かんなぎから高台家まで…人気漫画が最終回を迎えようとしている…

「かんなぎ」に「おとぼけ課長」「高台家の人々」…名作が次々と最終回へ…。そして誰もが気になる「ハヤテのごとく!」の最終回がついに…。期待しか出来ない気持ちを抑えられず,まとめてみました!

更新日: 2017年04月08日

critical_phyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
22 お気に入り 76048 view
お気に入り追加

「かんなぎ」がついに最終回へ…ラストはどうなるのか…

テレビアニメ化もされた武梨えりさんの人気マンガ「かんなぎ」が、7月27日発売のマンガ誌「月刊コミックREX」(一迅社)9月号で完結。

高校生の主人公・御厨仁(みくりやじん)と、彼が彫った精霊像から現れた産土神(うぶすながみ)を自称する少女・ナギとの日常を描いた作品で、2008年にはアニメ化もされ人気に。

ナギは主人公の気持ちに鈍感で恋愛的な意味で主人公に関心を持っていないような描写が多く、終始、未熟な仁の気持ちを振り回します。よくある鈍感な主人公と素直になれないヒロインみたいな王道展開の逆パターンで新鮮ですね。

長寿作品がついに…「おとぼけ課長」も完結!

1981年に連載がスタートした4コマ作品。商社で営業課長をする父親を主人公に、その家族や同僚を交えた日常を描いている。

まんがタイム4コマの最高傑作であり金字塔! サラリーマン4コマとファミリー4コマの全ての原点はここにあるといっても過言ではない、笑いとあたたかさが全てつまった『まんがタイム』の顔と呼ぶべき作品の集大成!

『かりあげクン』テイストのサラリーマン世界と『コボちゃん』テイストのホーム4コマの両方を描く。他メディア展開が無いこともあり前二者に比べて知名度は低いものの、累計で300万部以上を売り上げたヒット作である。

植田まさし「おとぼけ課長」が、5月6日発売のまんがタイム6月号(芳文社)にて最終回を迎える。

完結だけどおとぼけ笑いは不滅です!! 家庭では奥さんと子供に、会社では上司と部下に揉まれながらも、いたってまじめに飄々と生き抜くおとぼけさんの行くところには笑いが付いてきます。「課長」としての完結巻でお楽しみください。

そこまでショックを受けるほど「おとぼけ課長」を読んでないのはナイショだが何というか、4コマ漫画のフォーマットとも言うべき漫画が終わる事態に驚かされた。

おとぼけ課長、完結するのか~。 植田まさし先生の中でかりあげくんと同じくらい好きな作品だからさみしいなぁ。むしろ吹き出した回数はおとぼけ課長のほうが多いかも…。 もう定年ですよってことなのかな。でも何度読んでも面白いもんな。これからも楽しみつづけるぞ~!

実写映画も話題に!「高台家の人々」のラストは必見!

「高台家の人々」は、「ごくせん」「研修医 なな子」「デカワンコ」などでも知られる森本さんのマンガで、「YOU」で2012年11月に連載がスタート。

妄想好きOLと、相手の心を読める能力を持つ高台家の長男であるイケメン社員との恋愛模様を描いたラブコメディです。2016年6月に実写映画化。

「高台家(こうだいけ)の人々」が、15日発売のマンガ誌「YOU」(集英社)4月号で最終回を迎え、約5年の連載に幕を閉じた。本編は終了したが、4月15日発売の同誌5月号に番外編が掲載される。

3月に完結してたんです…

木絵の妄想オンパレードとほんのりとした優しさに感涙する高台家の人々 最終章 45話 遂に完結!!

最終回なんて悲しい~~~!!残念だ!!とりあえず、来月は番外編で楽しみですが。赤ちゃんもテレパスありそうな予感が!!

赤ちゃん…ということは…!?

高台家最終回とか、まじで悲しいー 木絵の妄想好きすぎて楽しみだったのにーあのバカな妄想が終わっちゃうなんて、、、 ドダリー卿とヤンデルソンに会えないのは悲しすぎる 来月絶対番外編読むよー✨✨

まじか…「ハヤテのごとく!」がついに…結末を見逃すな!

借金を背負った高校生執事の綾崎ハヤテが、オタク趣味でツンデレの令嬢・三千院ナギに借金を肩代わりしてもらう代わりに、執事となって奮闘する姿を描いたラブコメディー。07、09、12、13年の4度にわたってテレビアニメが放送され、11年には劇場版アニメが公開。

他の週刊雑誌の名前やキャラをネタにする事も多い。しかし一般的なラブコメ漫画よりも笑わせどころの手数が多いため、パロディギャグ漫画との見方をされることもある。なお公式には「執事喜劇」とのコピーが使用されている。

オタクが好きそうな表紙やキャラのかわいらしさの関係で、ラブコメディやオタクが好きそうな作品を嫌う人でも、この本を楽しめると思う。表紙だけで敬遠などせずに、思い切って一読してはいかがだろうか。きっともっと読みたいと思うようになるはずだ。

1 2





個人的な趣味嗜好ばかりまとめてます。
みなさまのお役に立てれば嬉しいです。

このまとめに参加する