1. まとめトップ

国税専門官の面接の難易度や内容と聞かれること、志望動機の考え方や倍率、落ちる人の特徴について

国税専門官の面接の難易度や内容はどうなっているのか?志望動機を考えるときに必要なポイントは?そして、倍率や実際に聞かれることについての情報も載せてみました。

更新日: 2017年04月19日

denkiirukaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 10804 view
お気に入り追加

国税専門官の面接の内容はどんな感じか?

人事院・国税庁が発表している平成24年度の国税専門官採用試験の受験案内によると、面接では「人柄、対人的能力を評価する」といった意味合いのことが書かれています。

そのため、面接では税や法に関する知識を細かく答えさせると言うよりも、どちらかと言えば実際に納税者と対面したときの対応の仕方を見たり、そもそも国税専門官を志望した理由を聞いたり、などがメインとなります。

とは言え、もちろんその際に税の知識があやふやであったりすると、面接官によっては減点対象とするケースもありますので、気を抜かず勉強を重ねておくことが求められます。

国税専門官の人事院面接は筆記試験合格者に対して行われますが、聞かれることは面接カードに沿ってという部分が多いです。一般的な公務員試験の面接と形式は同じですけど、国税専門官の面接は難易度はそれなりにあると思った方が良いでしょう。国税専門官の面接の体験談などを見れば内容はよく分かると思いますから、面接の流れなどは事前にしっかりと頭に入れておきましょう。国税専門官の面接では聞かれることが結構特殊なのです。国税専門簡以外の面接ではまず聞かれないようなことも含まれているので、そこが国税専門官の面接の難易度として高いと言える理由になると思います。事前に国税専門官の面接カードを記入していくと思いますけど、その内容がまずメインで聞かれると思って構わないと思います。しかし、国税専門官の面接で聞かれることはそれだけではなく、国税専門官の仕事に対する理解を試すような質問がいくつか予想されるのです。これは国税専門官という職業が割とハードで、離職率が高いということも由来している可能性があります。つまり、あなたは国税専門官という仕事についてちゃんと分かっているのか?そのうえで受けに来ているのか?ということを確認して、採用しても辞めないか?どうか、ちゃんと任務を全うできる人間か?どうかを確かめる面もあるでしょう。国税専門官の面接の内容としてはそういった質問が多くなると思われますが、自分でも実際に調べておくと良いでしょう。国税専門官の面接の内容について理解をするために、聞かれることを中心に体験談などを探して読んでおくようにしましょう。

国税専門官の面接の倍率は?

国税専門官の倍率は平成28年度の試験結果では、一次試験合格者数が5638人で、二次試験合格者数が3032人なので、最大でも1.8倍くらいなのかな?という感じです。一次試験合格者数のうち、全員が二次試験を受けているわけではないので、実際の倍率はもっと下がるでしょう。したがって、国税専門官の面接の難易度はそれほど高くはありません。しかし、国税専門官の面接の倍率はどれほど低いわけでもないでしょう。今後の倍率がどうなるか?分かりませんけど、国税専門官の面接の倍率は1.5~1.8倍くらいになるのではないでしょうか?国税専門官の面接の難易度は見かけはそれほど高くないかもしれませんが、簡単には受からないので、しっかりと対策をしていかないといけないと言えます。一次試験を受ける前から国税専門官の面接対策をしていった方が良いと思いますね。

国税専門官の面接ではストレス耐性に対してどう答えるか?が重要

国税専門官の面接ではストレス耐性が本当に重要と言われます。すでに話したようにストレス耐性がないとすぐに辞めると思われる可能性があるということから、そういう言われ方をしているのだと思いますが、国税専門官ではストレス発散はどうやってしているか?といった質問がされる可能性があります。そこでなんて答えるのか?というのは、国税専門官に受かるにはかなり重要です。逆に国税専門官に落ちる人の特徴としては、ここの質問で面接官を唸らせられない人になると思うのです。したがって、このストレス耐性の質問は正解があると思った方が良いと思います。ストレス発散の方法というのは人によって違うのだから正解がないというのが一般的な考え方ですが、国税専門官の面接ではストレス発散の方法の質問をされたら正解があると思いましょう。では、正解ってどんなものになるのか?というと、簡単です。毎日仕事から帰った日にストレスを解消できるか?どうかです。分かりやすくいうと、休日だけとか、1ヶ月に1回だけとか、そういうペースでしかストレスを発散できないような方法だと受からない可能性があります。国税専門官はストレスが溜まりやすい職場なので、その日溜めたストレスをその日のうちに全部発散して、次の日を迎えてくれるというのが理想なのです。したがって、国税専門官の面接に受かるにはこの回答をどう練るか?が重要ですけど、毎日可能な方法でストレスを発散しているか?どうかはポイントになると思います。国税専門官の面接の難易度は高いとは思うのですが、ポイントとなる質問でいかに評価されるか?というのが受かるためにはどうしても必要になってくると思います。

国税専門官の志望動機の考え方は?

国税専門官は、いわゆる税の取り立て屋だと認識している人が多くいますが、取り立てのために存在している仕事ではありません。一番の仕事は納税が適切であるかの確認作業と、納税者に理解しにくい税の仕組みについて指導することです。志望動機として「脱税や滞納を見つけ出し告発してみせる」といった正義感を振りかざすのは、最も良くないことです。国税専門官は納税者と直接話をする機会も多いため、横暴な態度や偏った考え方をする可能性があると判断されてしまいます。権力を持った国家公務員として、国民の利益を追求する人間性に重視求められるのです。

国税調査官は、用意された言葉や資料の信ぴょう性を監査しなければいけません。納税者に悪意はなくても、間違えていることも多いためです。故意に脱税や滞納をおこなっている場合は、見つからないように細工がしてあるため、少しの矛盾も見逃してはいけません。事実確認のために必要なものを素早く手に入れる行動力と、結果とは違う他の可能性を想像できる洞察力が必要な仕事と言えます。ですから志望動機には、行動力と洞察力を重視したエピソードを含めると良いでしょう。

国税専門官の仕事は、膨大な資料に目を通したり帳簿の計算を見直したりする根気のいる作業がメインとなります。決して華やかな仕事ではありませんが、国の財政を安定させるために無くてはならない仕事です。納税者の説明や目の前にある資料を鵜呑みにせず、矛盾がないか、疑うべき点はないかを多角的に見て判断することが必要です。納税者の中には、税金についての知識が不足している人もたくさんいますので、指導する立場にあることも忘れてはいけません。

国税専門官の面接必要な志望動機の考え方はいくつかのポイント別にまとめることができますが、それが上記の3つになるでしょうか?国税専門官の志望動機では国税専門官に自分がなりたい理由というよりは、自分が国税専門官に向いている理由を話した方が良いと言えるのではないでしょうか?国税専門官の面接の倍率はそこまで高くはないですけど、落ちる人というのは国税専門官になりたい気持ちが先行していて、自分の適性のようなものが見れていないという人が多い気がするのです。先ほど挙げたストレス耐性に関する質問も同様ですけど、国税専門官に向いているストレス発散法のようなものが存在していて、それを持っている人じゃないと国税専門官には向いていないということも言えそうなのです。したがって、国税専門官の面接に落ちる人というのはそこが欠けている可能性があると言えそうです。国税専門官の志望動機を考えるときには自分がいかに国税専門官に向いているのか?それを説明したうえで、自分がこの職業に向いているからこそ志望するという流れがいい気がします。したがって、国税専門官の面接での志望動機は自己PRと関連性があるものにした方が良いということなのです。

国税専門官の面接で聞かれることや質問事項について

国税専門官の面接の内容は調べるといろいろとヒットすると思いますし、予備校に通うと資料を見ることができると思います。国税専門官の面接の内容や流れはある程度理解してから、本番に臨んでもらいたいと思いますけど、国税専門官の面接で実際に聞かれることや質問事項はどうなっているのか?についても調べてみると良いでしょう。代表的なのは志望動機、自己PR、ストレス解消法、国税専門官を知ったきっかけは?税務署訪問はしたか?転勤は大丈夫か?などになると思います。予備校に通っている人は国税専門官の体験談のようなものを見ることができて、その中に実際に聞かれることなども載っていると思うので、そういったものを参考にしていきましょう。それ以外の方はインターネットで調べる方法が最善になると思います。面接カードの内容が中心になりますが、それ以外からも質問はきますし、人によって国税専門官の面接で聞かれることも違うはずなので、国税専門官の面接での質問事項を見つけてもそれが聞かれるか?どうかは分かりませんが。

1





denkiirukaさん

このまとめに参加する