1. まとめトップ

知らなかった・・・ソーダ(炭酸水)、トニック、スパークリングウォーターの違い?【お酒の雑学】

ハイボールで割るのはどれ?スパークリングウォーター、ソーダ(炭酸水)、トニックソーダ、サイダーの違いをまとめでいます。[お酒の雑学]

更新日: 2017年06月11日

niceplanningさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 6669 view
お気に入り追加

▼スパークリング、ソーダ、炭酸水、サイダー お酒を割るのはどれ?

簡単に説明すると、スパークリングウォーターは、天然で湧き出ている炭酸水で、ソーダは精製した水に炭酸ガスを封入したもの。トニックウォーターやサイダーは、ソーダに香味をつけ甘味と酸味で味付けされたものでカクテルに利用されています。

▼スパークリングウォーター

スパークリングウォーターは、天然の炭酸を含むミネラルウォーターを指し、発泡水などと表記される事もあります。日本では、やはりお金をだして飲む炭酸といえば、炭酸入りのミネラルウォーターよりジュースや清涼飲料水が思い浮かぶと思います。

▼ソーダ/炭酸水

炭酸水(たんさんすい)とは、炭酸ガスを含む水のことをいう。ソーダ水・ソーダとも言われる。特にソフトドリンクの多くでは、飲み物に清涼感を与える目的でこの炭酸ガスを原料の一つに使用し気泡を立たせる。これは炭酸飲料とも呼ばれる。

▼クラブソーダ

精製した水に炭酸ガスを封入した飲料.ウイスキーなどと混ぜて飲む.

▼トニックウォーター

トニックウォーター (Tonic Water) とは、炭酸水に各種の香草類や柑橘類の果皮のエキス、及び糖分を加えて調製した清涼飲料水である。

▼サイダー

サイダー(英: cider)は、甘味と酸味で味付けされ、本来は林檎系の香味が付く物のみを指すが、2017年現在は柑橘類の香味が付く物も含めて、アルコールを含まない無色透明の炭酸飲料の総称として誤認されている傾向が強い。語源は英語の”cider”だが、その定義は国や地域によって様々である。

▽ハイボール

ハイボール (Highball) とはカクテルの一種。広義ではスピリッツ、リキュールをソーダやトニックウォーターなどの炭酸飲料や、フレッシュジュースなどアルコールの含まれていない飲料で割ったものを指す。日本ではウイスキーをソーダ水で割ったもの(ウイスキー・ソーダ)をこう呼ぶのが一般的。

▽関連まとめ

1 2





niceplanningさん