1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

鹿せんべい以外の餌付けNGへ...奈良公園の鹿には難しい問題がたくさんあるみたい

鹿と身近に触れ合えることでも知られる「奈良公園」。観光客が鹿せんべいを上げるのが定番となっていますが、奈良県は鹿せんべい以外の餌付け禁止に動き始めました。

更新日: 2017年04月09日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
10 お気に入り 37126 view
お気に入り追加

鹿と身近に触れ合えることでも知られる「奈良公園」

神様の使いとして市民に親しまれ、天然記念物にも指定されています

一説では江戸時代でも1000頭はいたのではないかといわれ,明治維新と戦中の混乱期を除くと,500~1000頭のシカが1000年以上にわたって保護されてきたと推定されている

奈良の公園には野生の鹿がいて、鹿せんべいを与えるのが修学旅行生には定番メニュー

奈良県は「鹿せんべい」以外の餌付け禁止に動き始めた

県は鹿せんべい以外の餌付けの抑制などに向け、条例化も含めた具体策の検討に乗り出した

公園のルールを定めた県立都市公園条例を改正し、違反者には5万円以下の過料(行政罰)を科すことを検討しており、2018年度からの施行を目指すとしている

鹿せんべい(しかせんべい)は、奈良市の奈良公園周辺に生息している野生の鹿へ観光客が与えるために奈良公園内の売店にて販売されている餌である

その理由はお菓子などによって鹿の健康が害されるため

お菓子などを与えるとシカの健康を害して殺してしまうこともあります

虫歯や中毒などの病気になり死んでしまいます

近隣の飲食店の餌やりが常態化していることが、飲食店への奈良県のアンケートで分かり、県が24日、鹿の適切な保護管理を検討する有識者委に報告した

回答を寄せた半数以上の21店が、野菜の切りくずやパンの切れ端などを「あげたことがある」としていた

また、ビニール袋などのゴミを誤飲してしまうこともある

ビニール袋などのゴミを、エサと勘違いして誤飲する事があります

観光客が餌代わりに与えたビニールや紙などを食べて健康を害したり、交通事故に遭ったりする被害が一向に減らない

交通事故も後を絶たない

奈良公園周辺では、鹿が急に飛び出してくることがありますので、じゅうぶん注意して運転しましょう

2016年版マップ(平成27年7月16日~28年7月15日調べ)によると、奈良公園周辺で131件の交通事故が発生し、81頭が死亡した

鹿が近隣の農作物を食べて問題になることも

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する