1. まとめトップ

とにかく盛りのいいデカ盛りおうどん集

日本人が大好きな麺料理で、各地で食べられているうどんの、特に盛りのよいデカ盛りうどんや、うどん食べ放題のご紹介。

更新日: 2017年05月06日

1 お気に入り 3875 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

うどんとは

うどんは、小麦粉を練って長く切った、ある程度の幅と太さを持つ麺またはその料理であり、主に日本で食されているものを指すが、過去の日本の植民地政策や移民政策の影響や食のグローバル化の影響により、関係各国にも近似な料理が散見される。
饂飩とも書く。

細い物などは「冷麦」「素麺」と分けて称することが一般的ではあるが、乾麺に関して太さによる規定がある以外は厳密な規定はなく、細い麺であっても「稲庭うどん」の例も存在し、厚みの薄い麺も基準を満たせば、乾麺については「きしめん、ひもかわ」と称してよいと規定があり、これらもうどんの一種類に含まれる。

手軽な庶民食、米食の代用食として、また、祝い事に際して振る舞われる「ハレ」の食物として、古くから日本全国で食べられてきた。地域によって、調理法や具材が違っている。
麺を大きな鍋で茹で上げる場合には、鍋の周囲に引っ掛けた状態で茹でられるよう、金属製あるいは竹製で深いザル状の「鉄砲ざる」(略してテボ、てぼざるとも言われる)が用いられることも多い。
供する器には、丼(かけうどん)や、皿(うどん鉢等)、ざる(ざるうどん等)、鍋(すき鍋等)のほか、桶(うどん桶)、たらい(たらいうどん)なども用いられる。

専門店や蕎麦も並行して提供する店舗があるほか、外食チェーン店などのメニューともなっている。 また、麺のみの販売もスーパーマーケットなどで乾麺・茹で麺・生麺の状態で行われており、カップ麺としても多くのメーカーが多様な種類を販売している。

自動販売機による販売も行われており、カップ麺タイプ(パッケージがそのまま出てくるものや、湯を注ぎ完成したカップ麺が出てくる物)だけでなく、完成された温かいうどんが出てくるタイプ(冷蔵麺を茹で→湯切り→温かいつゆを注ぐ→完成という工程を踏んでいる)も存在する。

日本におけるうどんの文化として、歴史的には蕎麦(蕎麦切り)よりうどんの方が古い。また、小麦の原産地は中央アジアから西アジアとされており、米作に向かない地域で耕作され発展している。「門前蕎麦」と同じく、参拝者などに対する「門前饂飩」として古い歴史を持った社寺にまつわる文化的なうどんが各地に存在している(加須うどん・吉田のうどん・伊勢うどんなど)。

デカ盛りうどん

最近では、焼肉食べ放題や、盛りのいいラーメン・つけ麺がブームになっているように、ボリュームも味の内、などと言われ、うどんでもデカ盛りを売りにしているお店も増えてきました。

なんと驚きの、普通に盛っても乗らないので、別の器にまでw

丸亀製麺のデカ盛りなメニューの、釜揚げ家族うどんです。
通常でもやや盛りのいい釜揚げうどん6人前が入っています。

ひと玉250gとのことですので、6玉入り、1.5kgのチャレンジなボリュームです。

デカ盛りなうどん動画

1 2