1. まとめトップ

読むと楽になる。妖怪の親「水木しげる先生」の素晴らしい名言。

妖怪の親「水木先生」の名言を集めました。どれも、読めば読むほど、生きるのが楽になる言葉です。ぜひとも、皆様読んでみてください。きっと、生きるのが楽になります。

更新日: 2017年04月16日

10 お気に入り 13188 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

abitarouさん

代表作の『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などを発表し、妖怪漫画の第一人者である、水木しげるさん。

惜しくも、2015年11月30日に亡くなられた。

戦争体験もしている、水木しげる先生の人生観は本当にすごい。

ということで、水木しげる先生の名言をまとめてみました。

■幸福の七ヶ条

第一条 成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。
第二条 しないではいられないことをし続けなさい。
第三条 他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。
第四条 好きの力を信じる。
第五条 才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。
第六条 怠け者になりなさい。
第七条 目に見えない世界を信じる。

これをモットーとして、水木しげる先生は生きてこられた。

■命を失うより片腕をなくしても生きている方が価値がある。

私は片腕がなくても他人の3倍は仕事をしてきた。もし両腕があったら、他人の6倍は働けただろう。命を失うより片腕をなくしても生きている方が価値がある。

■ノーベル賞をもらうより幸せなこと

私が幸福だと言われるのは、長生きして、勲章をもらって、エラクなったからではありません。好きな道で60年以上も奮闘して、ついに食いきったからです。ノーベル賞をもらうより、そのことの方が幸せと言えるでしょう。

■打込めることを探しなさい。

不幸な顔をした人たちは、「成功しなかったら、人生はおしまい」と決め込んでいるのかもしれないね。成功しなくてもいいんです。全身全霊で打込めることを探しなさい。

■楽しかったことだけ

私は得な性分で、つらかったことは忘れ、楽しかったことだけを覚えている。

■自分のやりたいように生きる。

他人の思惑などに振り回されず、自分のやりたいように生きる。外の世界にいちいち対応せず、自分の世界の流儀でやればいい。

■好きの力

熱中する能力、いわば「好き」の力ほど、人生を生きていくうえで大事なものはないような気がする。

■奇人は貴人

私は「奇人は貴人」だと考えているから、漫画にも大勢の奇人変人を描いています。こうした人たちには、好奇心の塊のような、我が道を狂信的なまでに追求している人が多い。つまり、誰が何と言おうと、強い気持ちで、我がままに自分の楽しみを追い求めているのです。だから幸せなのです。さあ、あなたも奇人変人になりなさい。

■驚く力

私には驚く力が常人の十倍ぐらいありました。81歳を超えたいまでも、「フハッ!」と驚くことが1日に何度もあるのです。こうした能力は勉強しても伸びない。才能なんです。

■成功するより、大切なこと。

悲壮な顔をした人たちは、成功や栄誉や勝ち負けにこだわってばかりで、仕事でも趣味でも恋愛でも、熱中することを忘れてしまったんじゃないですか!好きなことに没頭する、そのこと自体が幸せなはずなのに……。もちろん、成功することに越したことはないが、成功できるかどうかは時の運です。

■大好きなことに熱中する。

栄光や評価など求めず、大好きなことに熱中する。それ自体が喜びであり、幸せなんです。私の場合、それは漫画を描くことだった。その行為が金銭的に報われるほうがいいに決まっているが、結果の良し悪しには運が付きまとう。

1 2