1. まとめトップ

悲しすぎ!ポテチが店から消える...『ピザポテト』の買い占めに不安の声も

昨年の北海道を襲った台風の影響でジャガイモも深刻な被害に遭いました。その影響でポテトチップスが店から消えるかも

更新日: 2017年04月10日

1 お気に入り 4683 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

naokana135さん

大人から子供まで愛され続けて半世紀の『ポテトチップス』

ジャガイモを薄切りにして冷水で短時間さらした後、高温の油で軽く色づくまで揚げたもの。それを塩や香辛料で味付けしたスナック菓子のこと。

1962年に「湖池屋」が「コイケヤポテトチップス のり塩」を発売して、1967年に日本で初めてポテトチップスの量産化に成功した。

カルビーは1975年にポテトチップス発売で本格的にじゃがいも事業を開始。「100円でカルビーポテトチップスは買えますが・・・」のCMが大好評。

40種類以上の味があります。スーパーマーケット限定、コンビニエンスストア限定、期間限定、地域限定を全て合わせると、年間では100種類くらいの味が発売されています。

◆そんな国民的人気の『ポテトチップス』が大ピンチ・・・

終売ではなく、あくまで休売という措置ではございますが、現時点でいずれの商品も販売再開のメドは立っていません

◆『カルビー』は流通各社へ商品に関する一通の文書を送った・・・

カルビーから流通各社へ、商品の取り扱いに関する一通の文書が流れたのは3月上旬のこと。その内容は“ポテトチップスの一部商品を休売する”というものだった。

「昨年8月末の北海道台風の影響で原料(北海道産ジャガイモ)の調達が間に合わず、4月から一部商品を休売させていただきます」

▼人気商品が休売や終売に

22日からは人気商品「ピザポテト」全サイズを含む15商品を当面の間休売する予定だ。終売するのは15日からで全18商品。

定番品ではポテトチップスの『フレンチサラダ』『しょうゆマヨ』『梅味』『しあわせバター味』がまもなく(4月中旬~)休売に。

休売が決まっている商品は、「ポテトチップス」シリーズのLサイズBAG(135グラム)とBIGBAG(170グラム)全品、「堅あげポテト」シリーズの「ブラックペッパー味」(65グラム)など。

◆スナックメーカーの『湖池屋』は

また、ポテトチップス『ガーリック』『のり醤油』も休売となり、現段階で販売再開のメドは立っておりません

背景には深刻なジャガイモ不足

◆昨年8月に北海道を襲った『4連続台風』の影響が

北海道では相次いだ台風の上陸や接近に伴う記録的な大雨の影響で、ジャガイモやタマネギなどの農産物に大きな被害。

出典http://mainichi.jp/articles/20160910/k00/00e/020/221000c

東京都中央卸売市場の価格動向。「じゃがいも」が52%と食卓になじみ深い野菜がのきなみ値上がり。北海道産のシェアが高いものばかり。台風被害が大きな要因。

1 2