1. まとめトップ
  2. 雑学

テロ、ミサイル攻撃etc...非常時に鳴る『国民保護サイレン』と生き残るための方法

強行姿勢を示し続ける北朝鮮をめぐり、極東の情勢は悪化の一途を辿っています。戦争はもはや遠い国・遠い昔の出来事ではなくなってきています。日本での平和な日常が、ある日突然“この音”によって破られる可能性を、そろそろ考えておいた方が良いかも…。

更新日: 2017年04月15日

80 お気に入り 37896 view
お気に入り追加

北朝鮮の脅威が高まる今、「国民保護サイレン」が注目を集めている

朝鮮半島に配備されたと報道されているアメリカ合衆国の空母打撃群。
9.11以降、中東地域の対テロ戦争に参加し、「不朽の自由作戦」と「イラクの自由作戦」などの主要な作戦を成功裏に遂行。

全長333メートル。つまり、東京タワーを横にして海に浮かべたような巨大構造物だ。

人生において国民保護サイレンを耳にする経験なんてしたくないけども、昨日からその可能性がかなり高まっていて、スマホが気になってしまう。 鳴った時点でどうすることもできんのだけれどもね。

国民保護サイレンちうの、一度ちゃんと聴いといた方が宜しいかと思い、聴いてみた。ムイーーンて音がなんとも奇妙で非常事態の雰囲気満点になった。当たり前だけどビビってしまった。

必ず、北朝鮮がミサイルを発射するとは限らないけど、可能性は高い。ま、空襲警報や国民保護サイレンは聞きたくない。緊急地震速報でも、どうしようか、と何も出来ないでいるのだから。火を止める以外は。ま、核爆弾は地中10メートル以上は破壊出来ないようだが。シェルターはない。

国民保護サイレンを聞いたら最期。外国から防ぎきれないほどの大量のミサイルが打ちこまれた後であり、もう助かりません。死ぬ覚悟を

明日からの極東アジアでシリアと同じことが起こる可能性を少しは念頭に置いておいた方がいいかも。国民保護サイレンが鳴らないことを願うのみ…鳴るとしたら何で知らされるの?そういうことも全く知らされてないけど…(´・_・`)>RT

ほんとに戦争はじまりそうやな! 国民保護サイレンなったら一生トラウマになりそ。

国民保護サイレンとは?

北朝鮮による再三のミサイル発射や核実験、それに対する米国空母打撃群の配備など、朝鮮半島をめぐる緊張は日に日に高まっています。

実は敵国からミサイル発射や大規模テロ攻撃を受けると判明したとき、日本国民に危機を知らせる警報音がある。それが「国民保護サイレン(国民保護に係る警報のサイレン音)」だ。

おそらく、日本人の多くの人が聞いたことがない、あるいは“一生聞きたくない”音。
それが非常時を知らせる「国民保護サイレン」と言われるサイレン音です。

警報が市町村から住民に伝達される際には、武力攻撃が迫り、又は現に武力攻撃が発生したと認められる地域に当該市町村が含まれる場合には、原則としてサイレンを使用して注意喚起が図られることとなっています。

音としては、一般的なサイレンより、やや高めの「不協和音」の音程がサイレンと同じように上下するって感じ

「国民保護サイレン」は、これを耳にした誰もが自身に武力攻撃という危機的状況が迫っていることを認識できるよう、あえて不快感や警戒心といった自己防衛本能を呼び起こす音を発して吹鳴される。

この音は総務省の運営する「国民保護ポータルサイト」において誰でも視聴することができるが、むやみに吹鳴することは違法行為になる。

もちろん、命に関わる緊急事態に発せられる警報ですから、むやみにコピーするなどして吹鳴することは禁じられています。

ネットではこの「サイレン音」が怖すぎると話題に

国民保護サイレン初めて聴いたけど不快感というか恐怖感半端ない

友達から聞いた国民保護サイレン聴いてみたけどあれ怖すぎるね…この世の終わりや…

国民保護サイレン、音が怖すぎて生存本能が引き締まるからダラダラしてる生活の人は是非聞いて欲しい

万が一、このサイレンを聞くような事が起こったら…

北朝鮮で開発された中距離弾道ミサイル。
射程3000kmは日本はもとより、グアムにまで届く性能を持っているとされています。

以下は、前述の国民保護ポータルサイトが公開している『武力攻撃やテロなどから身を守るために』の資料より、4-2「弾道ミサイルによる攻撃の場合」から引用させて頂いています。

発射前に着弾地域を特定することが極めて困難であり、短時間での着弾が予想されます。

弾道ミサイルの場合、一国民としては「国民保護サイレン」が鳴ったということはそれに対する準備をしている時間はないということを意味します。

このため、我が国に影響があり得る弾道ミサイルが発射されたときは、市町村から原則として特別なサイレン音を使用した防災行政無線により、発射情報と、領域内に落下する可能性がある場合はその旨を、関係する地域に対して、緊急に伝達することとしています。

弾頭の種類(通常弾頭であるのか、核・生物・化学弾頭であるのか)を着弾前に特定するのが困難であり、弾頭の種類に応じて、被害の様相や対応が大きく異なります。

1 2





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!



  • 話題の動画をまとめよう