1. まとめトップ

宇都宮餃子の食べ歩き|栃木県のご当地B級グルメ

人気店の食べ歩きレポート。宇都宮みんみん、正嗣の宮島本店の正統派の焼餃子と水餃子。マヨネーズと一味唐辛子で味わう餃天堂。フライ餃子がビールに良く合う元祖宇味家、穴場的な場所にある香蘭など。

更新日: 2018年01月22日

9 お気に入り 13121 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mybkmさん

店名50音順に掲載。お店の情報(営業時間、移転・閉店含むなど)はまとめ作成・編集時点のものなので、実際に訪問される際は公式HP等で必ず最新情報をご確認ください。

★mybkm作成のまとめ★
総合Index https://goo.gl/1xWtKR
東京・関東 https://goo.gl/RCfwqa

【掲載順】
・宇都宮みんみん
・元祖宇味家(がいそ うまいや)
・餃天堂(ぎょうてんどう)
・香蘭(こうらん)
・正嗣(まさし)

宇都宮みんみん ホテル アール・メッツ店

Q:どうして宇都宮に餃子のお店が多いのでしょう?

A:その理由の一つは宇都宮の気候にあるといわれています。内陸性で夏暑く、冬寒い気候に対応するために、スタミナがつく餃子を好んで食べる、という訳です。また、もうひとつには戦争中、中国の北東部に進出した日本軍師団の駐屯地が宇都宮にあり、その師団員が中国で食べていた餃子を帰国後に広めたため、専門店などが多く開かれたとか。

焼餃子(1人前)、水餃子(1人前)、ライス(一口お漬物付き)で560円(税抜)。2015.3.5

1人前は、やや小ぶりの餃子が6個。2015.3.5

皮の焼き目はぱりぱりの食感(^^)2015.3.5

焼餃子の裏面。2015.3.5

やさしい味わいの焼餃子。2015.3.5

皮がふっくら柔らかで、焼餃子とは違う食感が楽しめる水餃子。2015.3.5

こちらの具も優しくて軽めの味わい。2015.3.5

卓上の醤油、酢、ラー油を器に直接投入して食します。2015.3.5

栃木県産のこしひかりを使っているそうです。2015.3.5

焼餃子1人前+水餃子1人前+ライスで税込605円。
ごちそうさまでした(^^)

元祖宇味家 宇都宮駅前店

手前は焼餃子(シングル)、奥は揚餃子(シングル)。2015.3.5

1 2 3 4