1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ジャケ買い!?表紙がキレイで思わず買いたくなる本まとめ。

表紙がキレイで思わず買いたくなる本まとめ。

更新日: 2017年04月13日

mememe0323さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19 お気に入り 3172 view
お気に入り追加

本屋で思わず手にとってしまうキレイな本をまとめました。

本屋さんで思わずジャケット買いしてしまいそうになる本をまとめました。

スカイ・クロラシリーズ 森 博嗣

劇場アニメ化もされました。

僕は戦闘機のパイロット。飛行機に乗るのが日常、人を殺すのが仕事。二人の人間を殺した手でボウリングもすれば、ハンバーガも食べる。戦争がショーとして成立する世界に生み出された大人にならない子供―戦争を仕事に永遠を生きる子供たちの寓話。

関係ないのにスカイクロラ読みたくなった。文庫も持ってるけどあれはハードカバーで読みたくなるな〜。表紙美しいから全巻並べてるだけでも幸せになれる

森博嗣さんの本は綺麗な装丁がたくさんあります。

蛇行する川のほとり 恩田陸

演劇祭の舞台装置を描くため、高校美術部の先輩、香澄の家での夏合宿に誘われた毬子。憧れの香澄と芳野からの申し出に有頂天になるが、それもつかの間だった。その家ではかつて不幸な事件があった。何か秘密を共有しているようなふたりに、毬子はだんだんと疑心暗鬼になっていく。そして忘れたはずの、あの夏の記憶がよみがえる。少女時代の残酷なほどのはかなさ、美しさを克明に描き出す。

少女七竃と七人の可哀想な大人 桜庭一樹

「たいへん遺憾ながら、美しく生まれてしまった」川村七竃は、群がる男達を軽蔑し、鉄道模型と幼馴染みの雪風だけを友として孤高の青春を送っていた。だが、可愛そうな大人たちは彼女を放っておいてくれない。実父を名乗る東堂、芸能マネージャーの梅木、そして出奔を繰り返す母の優奈―誰もが七竃に、抱えきれない何かを置いてゆく。そんな中、雪風と七竃の間柄にも変化が―雪の街旭川を舞台に繰り広げられる、痛切でやさしい愛の物語。

子どもたちは夜と遊ぶ 辻村 深月

大学受験間近の高校三年生が行方不明になった。家出か事件か。世間が騒ぐ中、木村浅葱だけはその真相を知っていた。「『i』はとてもうまくやった。さあ、次は、俺の番―」。姿の見えない『i』に会うために、ゲームを始める浅葱。孤独の闇に支配された子どもたちが招く事件は、さらなる悲劇を呼んでいく。

夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦

”「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。二人を待ち受けるのは奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった!”

ジヴェルニーの食卓 原田マハ

ジヴェルニーに移り住み、青空の下で庭の風景を描き続けたクロード・モネ。その傍には義理の娘、ブランシュがいた。身を持ち崩したパトロン一家を引き取り、制作を続けた彼の目には何が映っていたのか。(「ジヴェルニーの食卓」)新しい美を求め、時代を切り拓いた芸術家の人生が色鮮やかに蘇る。マティス、ピカソ、ドガ、セザンヌら印象派たちの、葛藤と作品への真摯な姿を描いた四つの物語。

こちらも綺麗です。

1 2 3





mememe0323さん



  • 話題の動画をまとめよう