1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ピザポテトが消えた・・・?ポテチの販売休止で買占めが起きてる!

カルビーの人気スナック菓子・ピザポテトがお店から消えたと話題になっています。昨年のじゃがいもの不作でポテトチップスが相次いで販売中止になる予定です。

更新日: 2017年04月11日

datoyaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
43 お気に入り 203130 view
お気に入り追加

■人気ポテトチップス・ピザポテト

ピザポテト。 長年連れ添った我が相棒であり、おばあちゃんのような存在。 ポテチ界のスペシャリストである彼は他のポテチを圧倒しファンを魅了する。 安定感があるにも関わらず、今後さらなる成長を期待できる至極の一品。 pic.twitter.com/uNIvNl2H4a

●しかし・・・お店から消えたと話題になっている

地元スーパーでは、ピザポテトとカラムーチョが消えた!!Σ(゚Д゚ノ)ノ 全体的にポテチコーナーの棚がかなりスカスカだった!!

■実はポテトチップスが次々と販売休止を発表

2016年に北海道を襲った複数の台風被害でジャガイモの収穫が減り、ポテトチップスの生産に影響が出ている。

去年の台風の影響で国産ジャガイモが不足していて、大手菓子メーカーのカルビーや湖池屋がポテトチップスの一部商品などの販売を休止することが分かった。

その収穫期は例年9月頃。“さぁこれから収穫”というタイミングで、立て続けに道内の主産地を4つの台風が襲い、「収穫量が激減した」

■カルビーは18商品の販売を終了

ルビーは今月15日の出荷を最後に、「ポテトチップスしょうゆマヨ」や地域限定商品を中心に、18商品の販売を終了すると発表しました。

「170グラムBIGBAG うすしお味」など15種類は、22日の出荷をもって販売を休止する。

■湖池屋も生産打ち切りと販売休止

湖池屋は味やサイズなどで全44品目あったポテトチップスのうち、7品目の生産を打ち切り、9品目の販売を休止。

■海外産の輸出なども考えられたが品質のカバーができなかった

カルビーは原料の大半を占める北海道産の減少を受けて米国産の輸入量を増やしたが、品質が不十分なものが多くカバーしきれなかったという。

湖池屋は100%国産にこだわる

湖池屋は、100%日本産のジャガイモを使用しており、海外産に切り替える予定はないという。

■その結果お店で買占めがおき始めていた

1 2