1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

あのフィーバーは何処へ…チームから契約を切られた五郎丸に色々な声が出ている

トゥーロンのムラド・ブジェラル会長は15年W杯日本代表FB五郎丸歩(31)との契約が今季限りになると明かした。

更新日: 2017年04月11日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 84941 view
お気に入り追加

○2015年W杯だフィーバーを果たした五郎丸

2015年W杯イングランド大会で日本代表躍進の原動力となり、国内でもキック時の“ルーチン”がブームを巻き起こした。

15年W杯以降、距離を置いている日本代表への復帰については、2月に「現段階ではあまり考えていない」と話していた。

日本ラグビー協会のある首脳は、いまだにテレビCMに出演するなど根強い五郎丸人気を「W杯日本大会へ向けていかしたい」と本音をこぼしつつ、帰国を切望する。

○最近では、同じフランスで活躍する酒井宏樹と対談も果たした

現地で驚いたことに、酒井宏は「食事が長い」と答え、五郎丸は「外国人にもフランス語をノンストップで話してくる」と応じた。

酒井宏は「日本選手は欧州でプレーしたいという気持ちを持っている」と日本勢の海外志向を説明。

五郎丸はラグビーで海外移籍が多くない理由を、言葉の問題よりもプレーのレベルに求めながらも「徐々に欧州でプレーする選手が出てくるように願う」と述べた。

○先月には、3カ月ぶりに出場したが…

五郎丸はライン攻撃に何度か参加したほか、ハイパントのキック処理も堅実にこなした。

五郎丸の得点はなく、チームは7点リードの後半終了前にトライとゴールを許し、23―23で引き分けた。

終盤に追いつかれて引き分け、「チームが勝つことがすべてなんで、ちょっと残念。アウェーの難しさは感じる」と話したが、自らのプレーには納得できた様子だった。

○トゥーロンは来季の契約が今季限りになると発表

ラグビーの五郎丸歩が仏1部リーグ、トゥーロンと来季の契約を更新しない方向で検討していることが分かった。

トゥーロンのムラド・ブジェラル会長は15年W杯日本代表FB五郎丸歩(31)との契約が今季限りになると明かした。

国内外で移籍先を探しており、ヤマハ発動機でプレーした2015~16年シーズン以来2季ぶりに日本のトップリーグに復帰する可能性もある。

○出場機会に恵まれない状況が続いていた

五郎丸は昨年6月、1季在籍した南半球のスーパーラグビー(SR)のレッズ(オーストラリア)を経てトゥーロンに移籍。

トゥーロンでは昨年11月に初出場し、先発も経験したものの出場機会に恵まれない状況が続いている。

北半球最高峰リーグに挑んだが、昨年8月開幕のレギュラーシーズンは、ここまで23試合で5試合の出場にとどまり、先発した4試合で無得点と苦しんでいる。

○このニュースはネットでも話題になっています

五郎丸ブームが去ったけど五郎丸首になるらしい・・・ あらま

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。