1. まとめトップ

国民保護ポータルサイトで確認する、朝鮮半島の有事への備え方。緊急事態への対処方法。

日本に向けてミサイル発射やゲリラ攻撃があったらどうなるか? どう対応すれば良いのか?ミサイル攻撃など、緊急事態への対処を国民保護ポータルを参考にまとめてみました。【追記】4/21 政府の国民保護ポータルサイトに「弾道ミサイル落下時の行動について」が掲載されたので追記しました。

更新日: 2017年05月10日

zzrn6kさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 7849 view
お気に入り追加

【追記】2017/5/9 政府のJアラート運用が一部変更されました。

日本に飛来するおそれがあるミサイルの発射を探知した段階では、上空を通過したり、領海の外に落下したりする可能性もあることから、これまで避難を呼びかけていませんでしたが、今後は、直ちに避難を呼びかけることにしました。

避難先についても、従来の「屋内」から「頑丈な建物や地下」と変更することを決めました。

2017/5/9に政府の国民保護ポータルサイトに追加されました。

【追記】4/21 政府の国民保護ポータルサイトに「弾道ミサイル落下時の行動について」が掲載されました。

2017年4月 米軍、核実験時に北朝鮮への先制攻撃準備と報じられる。

「北朝鮮が核実験した場合、アメリカは先制攻撃」NBCが報じる

2017/4/14現在、北朝鮮の動きに対して、アメリカ合衆国は朝鮮半島近海に空母打撃群を派遣しています

朝鮮半島情勢に関する情報には,引き続き注意してください。

2017/4/11に、外務省は北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射を繰り返していることから、韓国への滞在・渡航に関して海外安全情報(スポット情報)を発表しています。

朝鮮半島で有事が発生し、万が一、日本に向けてミサイルなどが発射された場合、どのようにすれば良いのでしょうか?

これらの脅威に対抗する措置するため「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律(国民保護法)」が定められています。

「国民保護法」で想定されている武力攻撃事態の類型

船舶により上陸する場合は、沿岸部が当初の侵攻目標となりやすい。
航空機による場合は、沿岸部に近い空港が攻撃目標となりやすい。
国民保護措置を実施すべき地域が広範囲にわたるとともに、期間が比較的長期に及ぶことも想定されます。

発射された段階での攻撃目標の特定が極めて困難で、短時間での着弾が予想されます。
弾頭の種類(通常弾頭であるのか、NBC弾頭であるのか)を着弾前に特定するのが困難であり、弾頭の種類に応じて、被害の様相や対応が大きく異なります。

突発的に被害が発生することも考えられます。
被害は比較的狭い範囲に限定されるのが一般的ですが、攻撃目標となる施設(原子力事業所などの生活関連等施設など)の種類によっては、大きな被害が生ずる恐れがあります。
NBC兵器やダーティボムが使用されることも想定されます。

弾道ミサイル攻撃の場合に比べ、その兆候を察知することは比較的容易ですが、予め攻撃目標を特定することが困難です。
都市部の主要な施設やライフラインのインフラ施設が目標となることも想定されます。

以上の通り、外国による武力攻撃が想定され、対処が定めらています。

これらの事態が発生した場合、国から国民向けの広報があります。

有事の際、国はJ-ALERT(Jアラート:全国瞬時警報システム)を活用し、もしくは報道機関を通じて国民に向けた広報を行う

総務省消防庁

平成26年4月1日から、弾道ミサイル情報等のJアラート配信情報を、携帯電話事業者が提供する「緊急速報メール」(※)により携帯電話ユーザーへ配信します。

総務省消防庁

弾道ミサイルが日本に飛来する可能性があると判断した場合に、まず、弾道ミサイルが発射された旨の情報(①)を伝達します。

弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下したと推定された場合((1)③)や、日本の上空を通過した場合((2)②)、日本まで飛来せず、領海外 の海域に落下した場合((3)②)には、その旨を続報としてお知らせします。

Jアラート(市町村の防災無線など含む)
緊急速報メール
および報道機関

以上などから、国民に向けて情報が伝達される仕組みです。

どのような場合に、どのような情報が配信されるのか

我が国に対する外部からの武力攻撃や大規模テロなどが迫っている時、又は発生した時に、関係する地域の方に注意を呼びかけるための情報を配信します。

総務省消防庁

具体的には、「弾道ミサイル情報」、「航空攻撃情報」、「ゲリラ・特殊部隊攻撃情報」、「大規模テロ情報」、「その他緊急に伝達することが必要な国民保護に関する情報」を配信します。

日本に向けてミサイルが発射 され、上空から落下物が見込 まれる場合

「国民保護サイレン」は、これを耳にした誰もが自身に武力攻撃という危機的状況が迫っていることを認識できるよう、あえて不快感や警戒心といった自己防衛本能を呼び起こす音を発して吹鳴される。

1 2 3





zzrn6kさん

興味があって調べてみた事をまとめています。お役に立てれば幸いです。