1. まとめトップ

胸キュン☆ロードムービー「チャーリー -Charlie-」

5月に再上映が決定した作品。謎の男チャーリーを追うヒロイン・テッサが出会う様々な人の物語。テッサはまだ見ぬチャーリーと出逢え、その先になにを見つけるのか? ミステリー、残酷さ、切なさ、そして溢れんばかりの色彩と生きることの喜びを、美しい映像と音楽で描き切った映画「チャーリー -Charlie-」

更新日: 2017年05月29日

1 お気に入り 1070 view
お気に入り追加

まずは1分でわかる作品の雰囲気を予告編で!

わかるようなわからないような。なんともミステリアスな予告編です。景色がやたら綺麗そうな予感がしますね

公式サイト/配給元による紹介

そこそこいいところのお嬢さんが親が決めた結婚相手と結婚したくなくて逃げるってまだインドとしては夢物語っぽいのでは?とも思ったんだけど、どうなんだろう。おばあちゃんが最大の理解者ってのはモアナっぽかった。 #チャーリー #映画 #感想 #ネタバレ

「ある漫画の続きが読みたくて作者を探し始めたテッサ、彼女は彼に会えるのか」という内容のインド映画。インド映画といえば、いきなりゴージャスに着飾って集団で踊り、主役二人が歌い愛を語り合う、みたいなのが1度は入るがこの作品ではそれがなかった。#チャーリー #映画 #感想 #ネタバレ

昨日、ユジク阿佐ヶ谷でインド映画「チャーリー」女の人の自分探し?旅と、現代インド版の寅さん風?男の活躍の絡むエンタメ映画(説明しにくい)だが、ひたすらに南インド ケララの風景が素晴らしく、ああ行きたい 人々のオーバーリアクションとか、インド行った目で観ると、あれはオーバーではなく

去年タイ取材や何やらで観そびれていたインド映画「チャーリー」をユジク阿佐ヶ谷で観てきました。よかった……すごくよかった。何から何まで大好物でした(笑)。ひさびさにケーララに行きたくなりました。6/2(金)までなので、未見の方はぜひ。 charlie-japan.com

映画観終わってお家ただいま。シャー様出演映画じゃないけど楽しかった。 ゆるっと観るにはぴったりな映画。南インドの風景も色彩もとても美しかったです。(小並感 インド映画 "チャーリー -Charlie" 予告編 youtu.be/_rmr1PlMEp4

2017.05.28(日)鑑賞 『チャーリー』 ユジク阿佐ヶ谷 17:50回 1000円 ポスターから予想してた作風とはちょっと違った印象。 ん?この感じ 「アメリ」? インド版?って アメリも内容だいぶ忘れたけど。そんな印象… twitter.com/i/web/status/8…

映画『チャーリー Charlie』★★★3.6点。 インド南西部ケーララ州を舞台に、結婚適齢期の女性テッサが、とあるきっかけで会ったことのない青年チャ… filmarks.com/movies/68484/r… #Filmarks #映画

インド映画「チャーリー」が素晴らしいすぎて、阿佐ヶ谷来てよかったぁ… 関西でも再上映してほしいですね。 #映画 #チャーリー #ユジク阿佐ヶ谷 instagram.com/p/BUmWOK0DJdX/

今日は2度目のチャーリー。今まで観た中で一番好きな映画。最初観た時はインドのどこが舞台になってたのか知らなかった。でも今日は大森で観た時のふるえるような感動以外にも、ケーララ州の魅力を次々と発見して新たな感動を上乗せ。しかもゲスト… twitter.com/i/web/status/8…

このインド映画「チャーリー」、去年見たとき、素敵なシーンが多すぎて私も旅行行きたい…チャーリーみたいな男の人を探してインド縦断したい…って泣くシーンでもないのに泣きまくった思い出があるw いい映画だったなぁ。

『チャーリー-Charlie-』再上映に向け、作品のことを少しずつご紹介していきます。じじ萌えする映画であるというのには、私も1票です。ジジィ(失礼)が腰巻き布をぎゅっとするとこがいいんですよねぇ。 masala-press.jp/archives/2995

『チャーリー-Charlie-』再上映に向け、作品のグッとくるポイントをご紹介するシリーズが始まっています。私は白馬の王子様というと、馬にまたがっている図を思い浮かべますが、チャーリーはまさかの白馬と並走。色々な事情がありそうですが。masala-press.jp/archives/3005

『チャーリー-Charlie-』再上映に向け、Masala Pressで本作の素敵をあれこれご紹介するシリーズ第4弾。この作品が“深呼吸できる映画”と呼ばれているのは、次々に映し出されるすがすがしく美しいケーララの風景ゆえ。 masala-press.jp/archives/3010

5/27より1週間『チャーリー-Charlie-』が上映されるユジク阿佐ヶ谷( @yujiku_asagaya )は、毎月1日と木曜日がサービスデー。#プレミアムフライデー を思いっきり楽しむために、前日にちょっとパワーチャージと… twitter.com/i/web/status/8…

びっくりなあの人もツイッターで感想を!

本日(10/31)のゴンチチ3→チチ氏:昨日はインド映画のはしご。1本目は塚口サンサン劇場でマラヤーラム映画『チャーリー』。ジーンと来るとても良い映画だった。去年行ったケララ旅を思い出すなぁ pic.twitter.com/TZnSAy0lp1

ゴンチチのチチ氏も塚口サンサン劇場にて鑑賞! インド好きとは意外な一面でした

キネカ大森にて上映中の映画『チャーリー-Charlie-』(15) charlie-japan.com 劇場用パンフレットに作品評を寄稿しています。小規模公開の作品ですが、日本人が大好きな<すれ違い>を描いた素敵なイン… twitter.com/i/web/status/7…

今週の銀幕閑話は「チャーリー」。南インドのケーララ州の公用語マラヤーラム語で作られた、おとぎ話のような心洗われる作品。 d.hatena.ne.jp/ginmaku-kanwa/ pic.twitter.com/o0axamB3GI

毎日jpで連載していたアジア映画を中心とするコラム「銀幕閑話」の紀平重成氏の作品評

#インド映画チャーリー応援部

『チャーリー -Charlie-』は先行の特別上映会ではオリジナルを尊重したインド映画ならではの休憩付きだった。この最高に盛り上がるシーンで“Intermission”と出た時には思わず「おお~」と声が漏れてしまいました^^… twitter.com/i/web/status/8…

「揺れるテッサ」やっと見つけたあの人を追いかけるヒロイン、テッサ。ぷりっとした身体がスローモーションで揺れるのが、たまらない♡  #インド映画チャーリー応援部 pic.twitter.com/fmnSt67rOi

自然豊かな風景が印象的な映画。テレビ等で知っているインドとはまた違ったインドに出会える映画。テッサが新しく住む部屋の瓶のインテリアがすごく欲しい。 #インド映画チャーリー応援部

1 2 3