1. まとめトップ

【防災ポーチ】100円ショップだけで千円以内の厳選!防災ポーチを作ってみた!

移動先の災害・地震・エレベーター閉じ込めでも安心の「防災ポーチ」、手軽に安価に100円ショップでつくってみました。

更新日: 2017年06月14日

47 お気に入り 15476 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

防災マンさん

▼千円以内とは!

必要最低限のアイテムを厳選する為に、9品目、税込972円で買えるアイテムを選びました。
紹介するアイテムはすべて「100 円ショップキャンドゥ」で購入できました。

▼まずは厳選の「防災ポーチ」をご紹介。

▼それでは中身を確認しましょう!

今回のポーチのテーマは、トイレ、防寒、充電、照明、警笛です。

(1)簡易トイレ

できれば抗菌性のある簡易トイレが良いのですが、今回は安価な凝固剤タイプ。
大便、小便のほか、嘔吐に使用できます。

(2)アルミシート

防寒の他、雨よけ、敷物、トイレ使用時の目隠しとして使えます。

(3)単4電池

軽量化と汎用性を考え、単4電池に統一しました。

(4)「単4電池」を「単3電池」にする電池カバー

使用頻度は単3電池が多く災害時はすぐ売り切れてしまいます。
そんな時にとても重宝するのが電池カバーです。

ポーチの中身は全て単3対応ですが、単4電池にカバーを付けて
軽量かつ入手しやすい電源にしました。

(5)LEDライト

LEDライトは単3電池対応です。
今回は単4電池にカバーを付けて使用しています。

点灯時間は短くなりますが、予備の電池もあるので問題ありません。
明るさも十分に確保できました。

(6)スマホ用の充電BOX

単3電池対応ですが、単4電池にカバーを付けて使用しています。
ケースはとても軽量で、電池カバーを収納すればコンパクトになります。

※アイフォンの場合、バッテリー残量がゼロになると起動できません。
 ある程度の充電が必要となるので注意が必要となります。

1 2