1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

su_tabibitoさん

〇 加工技術

□ 切削加工

切削加工は刃物で材料を削る加工法のため、切り屑が出るのが一つの特徴です。目的の形状によっても様々な加工法が存在しますが、回転している工具を押し付けて削ったり、工具だけでなく材料も回転させたりして加工していく方法もあります。このように材料を除去していく操作でもあるために、切削加工は除去加工とも呼ばれるようになりました。

・旋盤加工 ~ 工作物を回転させ、そこに切削工具をあて削る。
・ボール盤加工 ~ 工作物を固定し、主軸に工具を取り付け回転させ削る。
・フライス盤加工 ~ 多くの歯を持つ回転切削工具をあて削る。

研削加工

研削加工は、高速で回転している研削用の砥石を材料の表面に押し付けて、表面を少しずつ削っていく精密加工法の一種です。この砥石には極めて硬い微細な砥粒が用いられており、加工物をより高精度にするためにも用いられています。

砥石に硬度の高い材料を使い、加工精度の高い加工を行う。

・マシニングセンタ

直交3軸と旋回2軸とを同時に制御することで、更なる複雑形状の加工を可能にする「5軸制御マシニングセンタ」の普及が進んでいます。

マシニングセンタの特徴は、コンピュータ制御による「工具自動交換機能」を備えている点にあります。一般的にNC工作機は作業者が工具を交換するのに対して、マシニングセンタは「ツールマガジン」と呼ばれる工具収納場所から、「チェンジアーム」によって自動で工具を交換し、加工を行います。そのため、段取り替えの手間を省くことができ、製造時の無人化と省力化、コスト削減を可能にしています。

・CNC旋盤

NC旋盤はコンピュータ制御が進んでいて、NC旋盤イコールCNC旋盤となっています。生産効率を追求する観点から、主軸およびタレットを複数搭載して一回のチャッキング(加工物固定)で複数か所の加工を同時に行うことができる機種が普及しています。

主な切削工具材料には、高速度工具鋼、超硬合金、セラミックス、サーメット、CBN(Cubic Boron Nitride:立方晶窒化ホウ素)焼結体およびダイヤモンド焼結体があります

・放電加工機

電気による放電エネルギーを利用して加工を行う機械で、放電を行う電極の形状により形彫り放電加工機とワイヤ放電加工機に分けられます。

・タレパン(ターレットパンチプレス)

精密板金業界では略してタレパンとも言ったりします。
タレパンはアルミやステンレス、鉄等の板に穴を開けていく機械です。
精密板金の世界では一番設備投資がかかる工程ではないでしょうか。

1