1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

3歳女児が一時心肺停止…実は危険な「遊具」の事故が相次いでいる

香川県善通寺市生野本町の保育施設「カナン子育てプラザ21」で、同県丸亀市の女児(3)の首が遊具に挟まっているのを女性保育士が発見し、119番した。

更新日: 2017年04月13日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
28 お気に入り 217131 view
お気に入り追加

○保育施設で3歳女児が一時心肺停止

保育施設で3歳の女の子の首が遊具にはさまり、一時、心肺停止となった。

香川県善通寺市生野本町の保育施設「カナン子育てプラザ21」で、同県丸亀市の女児(3)の首が遊具に挟まっているのを女性保育士が発見し、119番した。

県警丸亀署によると、心肺停止状態で搬送されたが、病院で蘇生し呼吸はあるという。

○女の子は一時、心肺停止の状態

雲梯は全体の高さが約140センチあり、首を挟んだ水平方向の支柱までの高さは約100センチだった。

当時は屋外で遊ぶ時間帯で、女児は午前9時20分ごろから雲梯で遊び始め、約10分後に職員が気づいて119番した。

救急搬送された女の子は一時、心肺停止の状態となり、治療が続けられている。

○遊んでいるうちに足を踏み外した可能性が高い

女児は屋外で遊ぶ時間中に、うんてい上部にある遊具の板の間に挟まれていた。

施設によると、事故当時、4人の職員で57人の子どもたちを見ていたが、うんていの周りに、職員はいなかったという。

女児は雲梯の下部にある支柱を足場にしてよじ登り、水平方向の柱などの間に頭部を挟んだ状態で遊んでいるうちに足を踏み外した可能性が高いという。

遊具に不具合などは見つかっていないということで、警察が詳しい状況を調べている。

○このニュースはネットでも話題になっています

遊具の事故報道多いね 大人がついていたら幼児の事故は防げそうだけど #遊具

高齢者のペダル踏み間違え事故の次は、子供が遊具でケガする事故か。ニュースの流行りは

うんていの事故って定期的に起きてるな 私が子供の頃はもっと危ない回転遊具が何個もあったけど不思議と誰も怪我しなかったな。箱型のブランコとかも。

公園の遊具の事故ふえて遊具が減ってしまって悲し。遊具点検はもちろん欠かせないけど、使う側の身体意識空間認識する力、命を守る意識が弱いとどんなに安全な遊具でも事故になるから小さい頃から身体を使って遊んで、テレビ漬けにしたりアミューズメント施設でしか遊べない子にならないでほしい。

テレビ見てたら3歳の女の子が遊具で首を吊って一時心肺停止ってニュースをやってて、無事回復したらいいねと思うのとは別に、昔だったら地方紙の記事にもならないような事故が全国ニュースになるんだから安全な時代になったんだなと実感する。 それでも育児は油断できないけど。

○先日には、人気遊具で女児4人けが

6日午後2時15分ごろ、東京都大田区下丸子の公園で、ブランコが外れて子どもがけがをしたと東京消防庁に通報があった。

事故が起きたブランコはタイヤを鎖でつり下げたもので、タイヤの高さは地上からおよそ1メートル。今回、外れたのは3本の鎖を束ねる連結部分の金具でした。

小学2~3年の女児計4人が頭や背中などの痛みを訴えて病院に運ばれたが、いずれも意識ははっきりしており軽傷とみられる。

○遊具で死亡する例が多発している

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。