1. まとめトップ

栃木県の「にごり湯」温泉まとめ

栃木県にある、温泉好きに人気の「にごり湯」のある温泉施設をまとめてみます。

更新日: 2017年05月26日

5 お気に入り 6118 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

oretokuさん

栃木県にはどんな「にごり湯」があるの?

奥塩原新湯温泉 共同浴場 - 中の湯・寺の湯・むじなの湯

塩原温泉元湯 ゑびすや

元湯は山奥行き止まりの3軒。浴室には平安時代から湧き続く優しい梶原の湯と5分おきに吹き出す力強い弘法の湯の浴槽が並ぶ。

風呂は梶原の湯(やや温め)と法師の湯(熱め)。特に弘法の湯は間欠泉で、4~5分ごとに熱い湯が吹き出てきますが、やけする程ではありません。まさに生温泉。

塩原温泉 大出館

塩原温泉の秘湯の宿。非常に珍しい黒い色の「墨の湯」や色味の変化する「五色の湯」等がある、にごり湯が魅力の宿。

湯の色味:黒色(墨の湯)・乳白色(五色の湯)ほか
日帰入浴:有
宿泊施設:有

▼塩原温泉 旅館 | 秘湯の宿 大出館 <公式ホームページ>
https://www.ooidekan.com/

当館の八つの浴槽には、それぞれに効能を異にする湯が溢れています。
特に、墨を流したように真っ黒の「墨の湯」は、日本唯一、他に例を見ない名湯として珍重されています。

日光湯元温泉 奥日光小西ホテル

奥日光小西ホテルでは源泉掛け流しの乳白色の硫黄泉です。

奥鬼怒温泉 加仁湯

加仁湯がある奥鬼怒温泉郷(おくきぬおんせんきょう)へは環境保全のため女夫淵温泉から先、マイカーでの乗り入れが禁止されています。

加仁湯に宿泊する場合は送迎車で約25分で到着しますが、日帰り入浴の場合は約1時間30分かけて歩いて行かなくてはなりません。

日帰り入浴利用の場合はご注意を。

手白澤温泉

湯の色味:やや青みがかったお湯
日帰入浴:無
宿泊施設:有

▼手白澤温泉公式ホームページへようこそ! | 奥鬼怒温泉郷の小さな宿〔栃木県の温泉、秘湯、100%源泉掛け流し、奥鬼怒の秘湯〕
http://www.teshirosawa.co.jp/

奥日光湯元温泉 湯守釜屋

湯元温泉の代表施設「湯守・釜屋」 俺が大好物の硫黄白濁湯。 露天風呂は緑かかった透明の硫黄湯。 2つの源泉を堪能! #湯守釜屋 pic.twitter.com/K8vjXGrJny

1