1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

米軍がイスラム国に「MOAB」攻撃…通常兵器として最強

米国がアフガニスタンにある「イスラム国」の施設を米軍最大の破壊力を持つ爆弾「MOAB」を使用し攻撃…背景にあるものやネットからは様々な反応が気になります。

更新日: 2017年04月14日

20 お気に入り 81871 view
お気に入り追加

混沌とするイスラム国に関する情勢

ISは市街戦で住民を危険に巻き込む作戦をとっており、米軍報道官は11日の会見で戦闘は「難しい状況が続いている」と語った。

そんな状況に米軍がイスラム国施設に最強の非核爆弾MOABを投下

現地時間の午後7時に、過激派組織「イスラム国」(IS)の潜伏する地域に落としたという。

アメリカ側の関係者からの説明によると…

MOABは同国ナンガルハル(Nangarhar)州アチン(Achin)地区で午後7時32分(日本時間14日午前0時2分)ごろ、ISの「トンネル複合施設」に対し使用された。

アフガン駐留米軍の声明

対象となったのはダーイシュ(IS)の戦闘員、彼らが移動のために使用しているトンネル・システム。

広報部の代表者

スパイサー報道官はトランプ米大統領が個人的に同兵器の使用を指示したかどうかについては言及を避けた。

今回使用された「MOAB」大規模爆風爆弾兵器とは?

爆発時に発生する強力な爆風によって、広範囲に分散した部隊、施設、および地雷原などの無力化に絶大な効果を発揮します。

巨大な爆弾のため通常の爆撃機には搭載できず、C-130やC-17などの大型輸送機の後部貨物扉からMOABを載せたパレットごとパラシュートで引き出されて空中投下される。

このアフガニスタンにMOAB投下はネットからも反響

Sin palabras y sin opinión pero solo la onda expansiva de la Bomba MOAB que ha lanzado EEUU en Afganistan da miedo pic.twitter.com/7OQ84tnJsz

【米軍 ISに最強の非核爆弾投下】米軍は、非核兵器で史上最大の爆弾とされる「MOAB」をアフガニスタンの過激派組織「イスラム国」施設に投下。実戦使用は初。 yahoo.jp/INobb6

アメリカが使ったMOABが「すべての爆弾の母」なら、ロシアにはFOAB「すべての爆弾の父」があるそうな…

MOABとか実在したのか… てっきりゲームの中だけの兵器かと

MOAB使用にビビっているのもあるけど実験?時点での映像を見たあとにあれが原爆の1000分の1の威力らしいと見て改めて原爆が恐ろしいと思った。

憎しみの連鎖。いつか終わる時ってくるの?今回の爆弾投下でアメリカを憎む子どもたちは出てくるわけで、その子たちが大人になってどうなるのか。かといって他の解決策は分からない。もう何が正解か分からない。 #MOAB

アメリカがアフガンに爆撃したその日、午後ローはランボー3怒りのアフガンを放送するの出来すぎている。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。