1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ミニファミコンが生産終了…人気品薄なのに「なぜ!?」の声

『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』が生産終了!人気品薄なのに「なぜ!?」

更新日: 2017年04月14日

happystar12さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
42 お気に入り 174365 view
お気に入り追加

去年『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』としてファミコンが復活

誰もがハマった『ファミリーコンピュータ(以下、ファミコン)』が、誕生から33年を経て『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』として復活。

ファミコンが発売された1983年から93年までの11年間に発売された30タイトルが収録されており、カセットの交換をせずにこれらのタイトルを楽しむことができる。

「NES Classic Edition」および「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」は2017年2月初め、全世界での販売台数が150万台を突破。

長い間、品薄状態となっていた

品薄になり、「転売目的の人は買えているのに」とSNSで不満が広がった。

ファミコンミニも売る気ないんじゃないかってくらい売ってない。

ファミコンミニ、記念グッズ的なつもりで作ったら思いのほか皆欲しがって品薄商品になっちゃったって感じなんかな

ただ、最近は見かけるようになってきていたのだが…

えっ・・・ふつーにファミコンミニ買えたんですけど・・・ミラクル・・・! pic.twitter.com/fHGjd18YTg

任天堂switch、検索してみたら噂通り本日月曜日に再入荷あったらしいですが、Webは売り切れ続出、でも実店舗は結構まだ残ってる店が多いみたいです。 ファミコンミニの時と同じく、店頭分確保されてる店が多い、と。

北米でNES がミニファミコンを4月で終了すると発表

ニンテンドー・オブ・アメリカ(NOA)が、北米でのミニファミコンこと NES Classic Edition の出荷を4月で終了すると発表しました。

「NES Classic Editionは元々、長期に渡って生産する商品として作られたものではありませんでした。ですが、高い需要のため、当初の予定よりも多く出荷することになりました」

米任天堂の代表者。

そして日本でも…クラシックミニファミコンが生産終了!

任天堂は、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の生産を一旦終了したと明かしました。

「生産を再開する場合は、改めてホームページでご案内させていただきます」としており、生産再開は今のところ未定となっています。

本日2017年4月14日付で「本商品は、一旦生産を終了しております。生産を再開する場合は、改めてホームページでご案内させていただきます。」との告知が掲出されている。

この発表を受けてネットでは価格が上昇中

すでにAmazonなどで在庫がなくなっており、定価の6,458円(税込)よりも高い価格で転売されている状態。

「ニンテンドークラシックミニが欲しいけど今度でいいか」と先延ばしにしていた人は在庫を見つけたら確保しておくのがよさそうです。

1 2





happystar12さん

私のまとめ記事を読んでいただいてありがとうございます。お気に入り登録して下さった方にも感謝します。

今年の目標は一人焼き肉です。

https://twitter.com/happystar012

このまとめに参加する