1. まとめトップ

北朝鮮は核ミサイルを持っているのか? 万が一、日本が攻撃されたらどうすれば良いのか?

2017年4月現在、朝鮮半島をめぐる情勢が緊迫しています。北朝鮮に核ミサイルはあるのか? 万が一、日本に向けて核ミサイルが飛んで来たらどうすればよいのか?まとめてみました。【追記】5/9 政府の国民保護ポータルサイトに、「弾道ミサイル落下時の行動について」が掲載されましたのでリンクを追記しました。

更新日: 2017年05月11日

zzrn6kさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 36273 view
お気に入り追加

【追記】2017/5/9 国民保護ポータルサイトに「弾道ミサイル落下時の行動について」が追加されました。

2017/5/9に政府の国民保護ポータルサイトに追加されました。

【追記】4/21 政府の国民保護ポータルサイトに、「弾道ミサイル落下時の行動について」が掲載されました。

弾道ミサイルの開発が進む北朝鮮

2017年4月11日に外務省は、北朝鮮が核実験や弾道ミサイル発射を繰り返していることから、韓国への滞在・渡航に関して海外安全情報(スポット情報)を発表しています。

北朝鮮が弾道ミサイルを発射する可能性は?

北朝鮮は、米国などに対する核先制攻撃の権利行使やわが国の具体的な都市名をあげて弾道ミサイルの打撃圏内にあることなどを強調した。

「横須賀、三沢、沖縄、グアムはもちろん、米本土もわれわれの射程圏内にある」(2013(平成25)年3月31日付「労働新聞」)、「日本の全領土は、われわれの報復攻撃の対象となることを免れられない(その文脈で、東京、大阪、横浜、名古屋、京都の地名を列挙)」(同年4月10日付「労働新聞」)など

米国や韓国と並んで日本に対しても焦土化し水葬するとの国防委員会声明を発表した。

2014(平成26)年11月23日に発表された朝鮮民主主義人民共和国国防委員会声明

2016(平成28)年3月に北朝鮮はその気になれば一瞬で日本を壊滅させるなどの挑発的言動を繰り返している。

2016(平成28)年3月7日付の祖国平和統一委員会報道官声明は、「日本と太平洋地域、米国本土にある全ての侵略の拠点が、北朝鮮が保有している様々な打撃手段の射程圏内にある」旨言及している。

本当に、北朝鮮は核ミサイルを持っているのか?

北朝鮮は、軍事能力強化の観点に加え、政治外交的観点や外貨獲得の観点などからも、弾道ミサイル開発に高い優先度を与えていると考えられる。

北朝鮮は、しばしば弾道ミサイルを発射し、わが国を含む関係国に対する軍事的挑発を行っている。

北朝鮮が保有する、日本に到達できるミサイル

スカッドERの射程は1,000kmに達するとみられており、わが国の一部がその射程内に入る可能性がある。

2017年3月7日に北朝鮮が4発同時ミサイル発射の映像を公開したのはこのスカッドミサイルで、日本の佐世保基地や岩国基地も射程内です。

射程は約1,300kmに達するとみられており、わが国のほぼ全域がその射程内に入る可能性がある。

ノドンは十分に日本全土を狙えるミサイルであることが判ります。

北朝鮮は現在、新型中距離弾道ミサイル(IRBM:Intermediate-Range Ballistic Missile)「ムスダン」の開発を行っている。射程については約2,500~4,000kmに達するとの指摘がある。

ムスダンは、わが国全域に加え、グアムがその射程に入る可能性が指摘されています。

テポドン2は、1段目にノドンの技術を利用したエンジン4基を、2段目に同様のエンジン1基をそれぞれ使用していると推定されるミサイルである。射程については、2段式のものは約6,000kmとみられ、3段式である派生型については、ミサイルの弾頭重量を約1トン以下と仮定した場合、約1万km以上におよぶ可能性があると考えられる。

テポドンは2段式、または3段式のミサイルで大陸間弾道ミサイルを目指して開発が進められていると考えられます。

北朝鮮は、「北極星1号」と呼ばれる潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と思われるミサイルの発車画像も公開しています。

弾道ミサイルは配備されている、では核弾頭は持っているのか?

1 2 3 4





zzrn6kさん

興味があって調べてみた事をまとめています。お役に立てれば幸いです。