1. まとめトップ

生命保険に入れない!?意外な病気や症状が厳しい理由とは?

多くの方が生命保険に加入していると思いますが、加入するときには保険会社の診査があります。これは大丈夫だろうと思っていると実は保険に入れなかったり、条件が付いたりする意外な病気があるので調べました。

更新日: 2017年04月21日

3 お気に入り 20728 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

seshi8391さん

①不眠症

夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こる状態を指します。

日本においては約5人に1人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。不眠症は、小児期や青年期にはまれですが、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と急激に増加します。

■出典
http://www.suimin.net/step1/syndrome/type_a/

不眠症の場合はこういった明確な数値を出して症状の把握や完治したかどうかなどを判断することができない

不眠症の原因も個人差がかなり大きい上に、この明確な原因の特定も困難なものなのです。

◆診査の目安はどうなのか?

①医療保険の場合
完治から2年以上経過しなければ加入は不可。

②死亡保険
完治から2年以上経過しなければ保険料の割増や給付金額が削減される

※あくまで目安なので各保険会社の診査項目や保険商品によって異なる場合があります。

保険会社の告知は○年以内に医師の診察を受けたかどうかの質問に対して、YES・NOでの回答をします。
つまり、医者に行った時点で厳しくなります。軽い眠剤でももらおうものなら完全にアウトです。
×病院へ行ってから自分の保険を確認する。ではなく、
○行く前に自分の保険を確認するです。

②風邪

風邪(かぜ)とは、風邪症候群とも呼ばれる感染症の一種で、鼻やのどに起きる急性の炎症です。風邪を引く原因のほとんどは、ウイルス。このウイルスが、鼻やのどの粘膜に付着(感染)し増殖すると、免疫が活発になり、その働きが組織の炎症を起こして風邪の症状が現れるようになります。

出典
http://www.ssp.co.jp/condition/cold/symptom/

◆風邪を引いていると保険に加入できない理由はライフネット生命のよくある質問にも書かれています。

「風邪は万病の元」というように、こじらせて肺炎・中耳炎・急性扁桃炎など様々な合併症を引き起こすこともあります。

肺結核、肺がん、膠原病(こうげんびょう)など「風邪と似た症状を示す病気」がいろいろあります。

ネギを食べて早く風邪を治しましょう。

③うつ病

気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴とした精神障害である

死亡保険(=生命保険)や医療保険は、うつ病など精神疾患で一度でも通院すると、完治してから、ほとんどの終身保険・医療保険に5年間入れません。

精神疾患を患っている人は、自殺や怪我、投薬による不眠症や生活習慣病のリスクが高いから。

うつ病にならないようにするのが一番です。
しかし、どうしても良くならない場合は、やはり病院へ行って治療しなければいけません。
不眠症と同様に病院に診察へ行く前に保険を確認しましょう。

④生理不順・月経異常

月経異常とは、「正常な月経の範囲外にある状態」をいいます。主に以下のような状態があります。

①月経周期の異常
②月経血量の異常
③月経の持続時間の異常
④月経痛などの諸症状

◆診査の目安

Q.部位不担保とはなんですか?

特定部位不担保とは、特定の部位に関する保障をしないという意味です。

例えば、帝王切開をした事がある女性に対し、今後の帝王切開手術を保障しない

月経異常・生理不順の場合は「子宮・卵巣および子宮附属器に関する病気・ケガ」は入院や手術をしても保険は下りません。

1 2