1. まとめトップ

【Twitterと似てて非なり】mastodon(マストドン)※随時加筆

ポストTwitterとの声の多い「mastdon(マストドン)」。いろんな記事を読んでいて、違和感感じたので、「mstdn.jp」にアカウントを作ってログインして体感したことを、正確な記事からの引用メインでまとめます。

更新日: 2017年04月17日

venom_babaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 978 view
お気に入り追加

※4/17追記 キヌガサがmastodon仕様で復活

キヌガサは、mixiやGREEが急成長していた2004年8月、冗談で告知をしたことから始まったSNS。登録者数は6万超を誇っていた。

まず、Twitterとは違う

後述でもありますが、これだけは伝えておきたい。
Twitterノリでライフログなんかを呟くと恥をかく可能性があります。
登録したインスタンスによっては、どこぞのタレントみたいに、「夕食なう」なんて画像アップしようものなら、スルーならまだしも「うわぁ・・・」って思われます。

では、まずどんなものなのか?

マストドンは、Twitterに似た特徴を持つが、オープンソースソフトウェアを実行している分散されたサーバーの連合によって管理される、連合型のソーシャルネットワークである。

名前の由来はへヴィメタルバンド「マストドン」

マストドン=ゾウ目マムート科マムート属に属する、大型の哺乳類の総称。ゾウやマンモスに似ている。約4000万年前から11000年前まで生存していた。

別々のサーバーのユーザー同士の交流が可能

マストドンのサーバーは「インスタンス」と呼ばれる。利用者は一つのインスタンスに所属し、他者が閲覧できる短文を投稿できる。投稿の公開範囲は、ユーザー自身の設定とインスタンスごとの設定により決定される。投稿者本人のみ閲覧可能・投稿者のフォロワーのみ閲覧可能・あるインスタンス全体に公開・インスタンスを超えマストドンのネットワーク全体に公開・二者間のダイレクトメッセージを、投稿ごとに利用者は選択できる。 twitterとの差別化として、中央集権型のトップダウンの管理ではなく、小さなコミュニティによる自治的な管理という方向性をマストドンのサービスは模索している。

利用方法

①インスタンスを選ぶ

②登録

必要事項を入力。項目少ないのは気楽でいいですね。

③届いたメールの「Confirm my account」をクリック

④ログインすると表示されるのは3つのタイムライン

HOME=フォローしたユーザーのtootを表示

Local timeline=インスタンス(サーバー)内のtootが激流のように表示される。

Federated timeline=サーバー同士の接続設定で繋がっているすべてのサーバーのtootを表示。

⑤用語一覧・仕様

サーバー=instance(インスタンス)
Tweet、つぶやき=Toot(吠える)
RT、リツイート=boost(叫ぶ)
星マーク=お気に入り
CW=投稿にタイトルを付け、「もっと見る」ボタンを設置

投稿文字数は500文字まで

IDは作成したインスタンス内のみ使用可能(つまり別のインスタンスでは同一IDが存在可能)
インスタンスを超えてのフォローが可能

1





社内マフィア

このまとめに参加する