1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

姉に続いて再ブレイク!?石田ひかりが14年ぶり連ドラ主演

『逃げ恥』で再ブレイク中の石田ゆり子の美人姉妹・石田ひかりが「屋根裏の恋人」で14年ぶりの連ドラ主演決定。「リング」の中田秀夫監督を演出に迎え、元恋人役にはタッキー&翼の今井翼が起用された。元々は妹ひかりが先に芸能界でブレイクした経緯もあり、姉妹で再ブレイクなるか注目。追記:高畑淳子も出演

更新日: 2017年06月18日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 61101 view
お気に入り追加

【追記】高畑淳子も出演決定

高畑さんは血のつながらない息子を溺愛し、「名声欲」のために何でもする女・西條千鶴子を演じ、肌を露出させた衣装で、ベリーダンスを披露するシーンもあるという。また、勝村政信さん、三浦理恵子さん、大友花恋さんの出演も発表された。

◆仲のいい美人姉妹として知られる石田ゆり子&ひかり

『ゆり子・ひかり きせき 1987 - 1996』(1996)

石田ゆり子(左)と石田ひかり(右)

『逃げ恥』で再ブレークした石田ゆり子(47才)と、石田ひかり(44才)も美人姉妹として知られ、最近はお互いの写真をインスタグラムにアップするなど仲良しぶりが見られる。

女優石田ゆり子(47)が8日、インスタグラムを更新し、妹の石田ひかり(44)が母として2人の娘を育てる姿に尊敬の念を持ったと明かした。

◆妹は90年代に朝ドラで大ブレイク 『紅白歌合戦』の司会も務めた

『あすなろ白書』(1993)

脚本:北川悦吏子
原作:柴門ふみ
出演:
石田ひかり
筒井道隆
木村拓哉(元SMAP)
鈴木杏樹
西島秀俊

ひかりは1992年、NHKの連ドラ「ひらり」に主演。翌1993年にはフジテレビ「あすなろ白書」でも主演を務め、国民的な人気女優に飛躍します。

平成3年の映画「ふたり」で初主演。4年のNHK朝ドラ「ひらり」のヒロイン役で知名度を上げ、紅白歌合戦の司会を2度務めた。

木村拓哉演じる取手治が、石田ひかりを後ろから抱きしめるシーンが話題を呼び、後ろから抱きしめる「あすなろ抱き」が若者の間に流行した。

『あすなろ白書』(1993)

◆結婚後は子育てなどで仕事をセーブ

昨夜は行列のできる法律相談所に石田ひかりさんがご出演。プロフィールにベストマザー賞映像が使われており光栄です。(事務局) pic.twitter.com/lCtXjl0uBb

’01年に結婚し、2児の母となったひかりも、子育てを経て、徐々に仕事の幅を広げている。

「仕事をまったくお休みしていたわけではないのですが、必死で子育てをしていた実感があり、かけがいのない時間を過ごしてきました。」

石田ひかりのコメント

母親たちのあこがれや目標となる人を表彰する「第4回ベストマザー賞」の授賞式が6日、東京都内で行われ、音楽部門で歌手の今井美樹さん、芸能部門で女優の石田ひかりさんら4人が選ばれた。

2011年

◆そんな石田が14年ぶりに連ドラ主演決定

6月3日(土)スタート「屋根裏の恋人」に、今井翼君の出演が決定。 主演は石田ひかりさん。 フジ土ドラ。(23時40分〜) @めざましどようび pic.twitter.com/WMX1ou8kSy

女優の石田ひかり(44)が6月3日スタートの東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『屋根裏の恋人(仮)』(毎週土曜 後11:40※全8話)で14年ぶりに連ドラ主演を務める。

元恋人で自宅の屋根裏に住み着くようになる謎多き青年・瀬野樹には、こちらも民放連ドラ出演は14年ぶりとなるタッキー&翼の今井翼(35)が起用された。

◆『リング』の中田監督がメガホンをとるオリジナル作品

『リング』(1998)

監督:中田秀夫
脚本:高橋洋
原作:鈴木光司
出演:松嶋菜々子、真田広之、中谷美紀

『リング』『仄暗い水の底から』で知られるジャパニーズホラーの名手・中田秀夫監督の演出。

同枠の制作は、昨年3月まで52年続いた昼ドラを担当した東海テレビ。昼ドラから移行後、サスペンスや社会派作品を放送してきたが、今回、昼ドラのドロドロ要素を盛り込んだ“原点回帰”のドラマが復活する。

◆気になるストーリーは?

1 2





記憶の中で生きてゆける