1. まとめトップ

格安スマホやMVNOはJアラートが受信できない? 対策も追記しました。

SIMロックフリーのスマホや格安SIMを挿したスマホでは、Jアラートが受信されない場合があるようです。格安スマホでも、Jアラートを受信する方法について記載しました。

更新日: 2017年05月12日

zzrn6kさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 5996 view
お気に入り追加

Jアラート(全国瞬時警報システム)は政府が運用する、緊急情報を国民へ瞬時に伝達するシステムである。

国民の保護のために必要な情報を、サイレンや放送によって住民へ緊急情報を伝達する。

対処に時間的余裕がない大規模な自然災害や弾道ミサイル攻撃等についての情報を、「国から住民まで直接瞬時に」伝達することができるという点がJ-ALERTの最大の特長である

【追記】2017/5/9 国民保護ポータルサイトに「弾道ミサイル落下時の行動について」が追加されました。

携帯電話・スマホでもJアラートを受信できる。

平成26年4月1日から、弾道ミサイル情報等のJアラート配信情報を、携帯電話事業者が提供する「緊急速報メール」により携帯電話ユーザーへ配信します。

総務省消防庁発表による

Jアラートで伝達される情報

地震情報(緊急地震速報など6種類)

緊急地震速報、震度速報、震源・震度に関する情報、東海地震予知情報、東海地震注意情報、東海地震調査情報

津波情報(大津波警報など3種類)

大津波警報(特別警報)、津波警報、津波注意報

火山情報(噴火警報など3種類)

噴火警報、火口周辺警報、噴火予報

気象情報(2種類)

気象警報(大雨、洪水、大雪、暴風、暴風雪、波浪、高潮)、気象注意報(16項目の気象注意報)

有事関連情報(弾道ミサイル情報なd4種類)

弾道ミサイル情報、航空攻撃情報(いわゆる空襲警報)、ゲリラ・特殊部隊攻撃情報、大規模テロ情報

ところが、全ての携帯電話・スマホでJアラートが受信できるとは限らない。

(大手キャリアの)NTTドコモ、au、ソフトバンクでは、2014年4月から、Jアラートを携帯電話で受信できるようにしている。

ドコモ、au、ソフトバンクでは「エリアメール」や「緊急速報メール」という名前で配信が行われており、対応のスマホを持っていれば警報音と画面表示で地震の情報を受け取ることができます。

大手キャリアに契約して携帯・スマホを使っている場合は大丈夫。

だが、格安SIMでは?

SIMロックフリースマホのカタログやWebページにETWS(Jアラート)対応を明記しているというケースは見かけません。実際に購入してみないと状況が分からない

『「格安SIM」でも緊急地震速報の受信は可能。ただし、警報音が鳴るかどうかはスマートフォンの機種による』

Jアラートの仕組み(ETWSとは)

緊急地震速報では、電波が届く範囲のスマートフォン全員に一斉に情報を送りつけるという特別な仕組みが用意されています。この仕組みのことを「ETWS(Earthquake Tsunami Warning System:地震・津波警報システム)」と呼びます。

世界中で販売されるSIMロックフリースマホの中には、ETWS情報を表示する機能が搭載されていないものも含まれている。

たとえばNTTコミュニケーションズ(OCN モバイル ONE)は「届く端末もあれば届かない端末もあり得る」とする。

例えば、iPhoneは4s以降の世代でETWSに対応していますが、ドコモ MVNOのSIMカードを取り付けた状態でETWSを受信できるのは5c/5s以降の世代です。

1 2





zzrn6kさん

興味があって調べてみた事をまとめています。お役に立てれば幸いです。