1. まとめトップ

山口県の田布施町から、なぜか多くの首相や重要人物が出ている

15~16世紀頃 田布施というのは、山口県と鹿児島県にある田布施町の事です
そこには、朝鮮人部落がありました

日本国家の真相は、明治維新で長州藩田布施一味に国家を乗っ取られた

自民党清和会の源流。

明治維新後、田布施出身の多くの志士が明治政府の重要なポストに就くこととなります。そしてその流れは受け継がれ、現在の安倍首相へと繋がっているようです。この明治維新から受け継がれてきた一連の流れは、「田布施システム」と呼ばれています。

「明治維新後、田布施近隣出身の伊藤博文、木戸孝允、松岡洋右らが政府の要人となり、日本を牛耳っているという説で、『田布施システム』と総称されます。

 この説の基盤になっているのが『明治天皇替え玉説』で、明治天皇の即位の裏には、幕末に伊藤博文らによって孝明天皇が暗殺され、当時の周防国熊毛郡田布施村に住んでいた大室寅之祐という人物が替え玉になり明治天皇として即位したという話です。この田布施システムによって、現在の安倍首相も政権を維持しているというものです」

日本が朝鮮人に支配されているという証拠。「田布施システム」こそが朝鮮人と金融ユダヤによる日本支配の始まり。

そして、この天皇をはじめとした田布施町一族は、今では自分たちだけで日本の政界を独占し、日本の政治・経済を動かしてボロ儲けしています。私たち一般庶民には何ら富を分け与えず、自分たちだけで富を独占し、天にも届くようなバブル経済の中で沸き立っています

小泉前首相の父・純也は、鹿児島の田布施(現在は加世田市金峰町)出身の朝鮮人である。鹿児島の田布施も山口県の田布施と同じ、朝鮮人部落である。

小泉純也は上京して小泉又次郎というヤクザ(刺青大臣と言われた)の婿養子となって「小泉姓」を名乗り、日本国籍を取得したのだ。

小泉の次に安倍政権、そのいずれもが朝鮮人部落だった田布施の出身であることが偶然であるわけがない。

小泉 又次郎は、日本の政治家。第87-89代内閣総理大臣小泉純一郎の祖父。横須賀市長、逓信大臣、衆議院副議長などを歴任した。義侠心のある大衆政治家で、入れ墨があったことから「いれずみ大臣」「いれずみの又さん」などの異名をとった。神奈川県平民。

小泉純一郎は、金日正に 「あなたの父親は北朝鮮人だよ」

朝鮮総連関係者の情報によると、
北朝鮮訪朝時の空白の10分間に
「あなたの父親は北朝鮮人だよ」
と金正日に言われたと言う話だ。

岸 信介

CIAエージェント

岸 信介は、日本の政治家、官僚。旧姓佐藤。満州国総務庁次長、商工大臣、衆議院議員、自由民主党幹事長、外務大臣、内閣総理大臣などを歴任し、「昭和の妖怪」と呼ばれた。

佐藤榮作

佐藤 栄作は、日本の鉄道官僚、政治家。「政界の団十郎」「早耳の栄作」の異名を持ち、内閣総理大臣として日韓基本条約批准、非核三原則提唱、沖縄返還をなし遂げる。7年8か月の連続在任記録を持ち、「人事の佐藤」と評された。ノーベル平和賞を受賞したが、死後に核持ち込みの密約が発覚する。吉田学校の代表格。

伊藤博文

伊藤 博文は、日本の武士、政治家。位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。諱は博文。幼名は利助、後に吉田松陰から俊英の俊を与えられ、俊輔とし、さらに春輔と改名した。号は春畝で、春畝公と表記されることも多い。また小田原の別邸・滄浪閣を所持していたことから滄浪閣主人を称して落款としても用いた。 周防国出身。

木戸幸一

木戸 幸一は、日本の官僚、政治家。侯爵。 昭和天皇の側近の一人として東條英機を首相に推薦するなど、大東亜戦争前後の政治に関与した。敗戦後にGHQによって戦争犯罪容疑で逮捕され、東京裁判において終身刑となったが後に仮釈放された

木戸幸一は、維新の三傑の一人、桂小五郎の孫です

宮本顕治

宮本 顕治は、日本の政治家、文芸評論家。通称ミヤケン。 戦前の非合法政党時代からの日本共産党の活動家であり、戦後、1958年に党の書記長に就任してから40年間、日本共産党を指導した。参議院議員を務め、日本共産党書記長、同委員長、同議長を歴任。

河上 肇 かわかみ はじめ

河上 肇は、日本の経済学者である。京都帝国大学でマルクス経済学の研究を行っていたが、教授の職を辞し、共産主義の実践活動に入る。日本共産党の党員となったため検挙され、獄中生活を送る。

1 2





星を押すと
ミラクルいいことが
起こります。
凄い幸せが訪れます。
押せ!
おすのだぁああああ!(念力)

RRR!!! ALWAYS GIVE TNX!!! BLING!!!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう