1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

m.strong.9さん

■フラワーアレンジメントとは?

生花、増加、ブリザードなど
教室によって扱うお花はさまざまです。

フラワーアレンジメントとは、花を整理する、配列するという意味があります。

花や葉などの関係を整理し、花と花器、その他の素材を整理しながら組み合わせるという意味があります。

色とりどりの生花をバランスよく組み合わせ、ひとつの作品に仕上げるのがフラワーアレンジメント。

基本のテクニックさえ身につけば、お花や器をお好みで変えて、“あなただけの作品”を次々と作って楽しめます。

生け花とフラワーアレンジメントの違い

生花を扱うところは同じです。

フラワーアレンジメントは生花を使用して、派手さや可愛さやをコンセプトとした観賞物と考えられます。

出典https://生け花とフラワーアレンジメントの違い

生け花は、一言で現すと芸術作品でしょう。

■お花に関わる資格はこんなにある

趣味ではじめて資格までとれる♡

【フラワー装飾技能検定】…厚生労働省認可の国家資格です。

【フラワーデザイナー資格検定試験(NFD)】…日本フラワーデザイナー協会による、法人の資格です。

【フラワーデコレーター】…フラワーデコレーター協会による、法人の資格です。

【フラワーカラーコーディネーター】…同じくフラワーデコレーター協会による、法人の資格です。

【EFD認定インストラクター】…ヨーロピアンフラワーデザイン連盟による資格です。

【カットフラワーアドバイザー】…日本切花装飾普及協会が認定している資格です。

【グリーンアドバイザー】…日本家庭園芸普及協会が認定している資格です。

■フラワーアレンジメント教室で習う

《6つの基本デザイン》

360度、どの方向からでも見られること。

豪華さと安定感のある三角形のデザイン。

基本はマスフラワー、ラインフラワー、フィラーフラワーを使って華やかさを演出。
3つの頂点を取るのがポイント。

真上から見た形が、ひし形、つまりダイヤモンドの形を成すようにします。

3種類の花材を使います。

フレンチスタイルのアレンジメントに用いられるのは、花や茎、葉はもちろんですが、ハーブ野草、果物や野菜、木の実、時には苔や蔦も動員されます。

出典http://フラワーアレンジメント資格.jp/french.html

『投げ入れスタイル』とは、この吸水性スポンジを使わず、
そして「花留め」なども一切使わず、直接花器や花瓶にアレンジしていくスタイルのことを言います。

ブーケにはさまざまな花材、形があり、ドレスのデザイン、持つ人の体形などによってしっくりくるブーケは異なる。

結婚式後は押し花ブーケやプリザーブドフラワーにして記念に残す花嫁も多い。

■フラワーアレンジメントの教室に通い始めるには?

用意するもの、月謝などなど。

フラワーアレンジメントの世界では、花鋏よりもクラフト鋏を使う傾向があるので、それを買うことになる可能性が高いです。

最初に教わることは?

多くの教室では、オアシスの扱い方・挿しかた、花材のカットの仕方などからレッスンを始めます。

いけばなの世界は、圧倒的に「月謝と花代は別」が多いのですが、
フラワーアレンジメントの教室は、「すべてコミコミ、トータルでいくら」という料金になっているところも多い

要するに、「花代込みのレッスン料」の場合と、「花代+レッスン料」の場合があるということです。

フラワーアレンジメント教室は全国にあります♡

1 2