1. まとめトップ

軽が白ナンバーに…?色が変わる影響や手続き等の詳細

軽自動車に「ラグビー記念ナンバー」が装着できることに伴う影響まとめ

更新日: 2017年10月08日

2 お気に入り 10350 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tojisha0011さん

軽自動車

日本の自動車の分類の中で最も小さい規格に当てはまる、排気量660cc以下の四輪自動車。

車両本体価格のほか、税金・保険料などの維持費も安い・車体が小さく取り回しが容易といった特徴で人気。

ナンバープレートの色分けは、軽自動車の場合、

自家用は「黄色地に黒文字」
事業用は「黒地に黄色文字」

となっている。

※左上から右下の順で
・【自家用】普通車以上
・【事業用】普通車以上
・【自家用】軽自動車
・【事業用】軽自動車

軽自動車を見分ける方法の一つは、ナンバープレートの「色」で判断する方法です。

自動車に詳しくない方でも、軽自動車と普通車を見分ける方法として「ナンバープレートが黄色/黒色」が挙げられます。

実際に街中を走る軽自動車のうち、
主に家庭などの個人が購入して運転しているのが【自家用】である「黄色ナンバー」の軽であり、
郵便局や佐川急便などの宅配業者で使われているのが【事業用】である「黒ナンバー」の軽です。

軽が白ナンバーに?

そんな軽自動車に、白ナンバーが装着できるという情報が出回りました。

2017年4月3日から交付された日本初の「特別仕様ナンバープレート」は、2019年のラグビーワールドカップの成功を応援するという趣旨で国土交通省、「ラグビーワールドカップ2019組織委員会」から今年の2月に発表されました。
https://clicccar.com/2017/04/16/463238/2/

1000円以上寄付すると、図柄入りナンバープレートが、寄付金なしの場合はロゴ入りナンバープレートが交付されるもので、寄付金以外に別途、交付料金が必要になります。
料金は地域により異なり、東京地区の場合は7000円です。寄付金は大会の輸送力増強などに利用されます。
https://clicccar.com/2017/04/16/463238/2/

噂では「軽自動車の黄色いナンバーに抵抗感がある若者を中心に申し込みが殺到」している模様。https://response.jp/article/2017/04/14/293498.html

(出典:国土交通省報道資料)

ナンバープレート取得済みの車両についても同ナンバープレートへの交換が可能

軽自動車だけでなく、登録車である【自家用】【事業用】の普通車以上もナンバープレートの付け替えが可能です。

白ナンバーの対象外

事業用の軽自動車・レンタカーや二輪車は対象外

黒ナンバーの車は、記念ナンバーが出回ることで特に影響はありません。

黄色=軽の法則が使えなくなる?

軽自動車=黄色ナンバーは一般的に印象深く、このイメージで覚えている方も多いはず。

結論としては「通常ナンバーの普通車と全く同じ」白ナンバーではないので、詳しく見れば軽自動車と判別がつきますが、「寄付金なし」で交付されるプレートの軽自動車は右上のロゴマーク以外で普通車と見分けがつきにくいので、遠目に見ると本当に普通車に見えてしまうかも知れません。

さらに「登録車の自家用でラグビー記念のナンバープレートを装着」していた場合は、軽自動車でも全く同じデザインになるので、ほぼ分類番号が5ナンバーの普通車と見分けるのは困難に。

<追記:分類番号での見分け方>
地名横3桁の分類番号では、4〜8ナンバーの下2桁80から99までが軽自動車に割当てられています。
【例】軽乗用車なら 580 、軽トラなら 480 、など。

申し込みなどの詳細

申し込みは2017年2月13日~2019年11月29日まで

申込受付は既に始まっています。
交付は2017年4月3日〜2020年1月31日の予定です。

専用ウェブサイト・ディーラー・整備工場などで受付

ウェブサイトから申込の場合は下から
https://www.graphic-number.jp/html/GKAA0101.html
【一般社団法人:全国自動車標板協議会】

申し込み方法は車検証を用意し、サイトに必要事項を入力、交付料金を振り込めば完了です。
発行には10日程度掛かりますが、現在使っている番号をそのまま使用する場合はETCの変更手続きなどは不要です。

<注意点>
普通車の場合、後部ナンバープレートを交換すると自動車検査登録事務所の担当官による封緘が必要なので、車両を持ち込まなければなりません。
軽自動車は封緘不要のため、ナンバーと書類のみ持っていけばOKです。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kunisawamitsuhiro/20170324-00069049/

ラグビー終了後は?

当該車両を廃車するまでナンバープレートは使用可能

記念ナンバーが広く認知されるまで、有人料金所での誤解による料金過収受や「プレート付替による脱税だ」などと目撃者の間違い通報が懸念されていますので、注意が必要かもしれません。

元のナンバープレートや他の特別仕様ナンバープレートへの変更も自由

ナンバーを付け替えたからと言って、廃車まで装着する義務は無いようです。

不正使用防止のための穴を開けた上で記念品として手元に置くことが可能

記念品目的で注文される方も居らっしゃるようです。

詳しくは

1