1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

無名の脚本家が奇跡を起こす!新たなる所轄ドラマ『小さな巨人』

豪華キャストと「半沢直樹」スタッフが集結した新ドラマ初回。本店(捜査一課)と所轄のスリリングな攻防が展開し、最後まで飽きさせない。「踊る大捜査線」の構図に、「半沢直樹」テイストを加えた新たなる所轄ドラマの誕生。ほぼ無名の脚本家・丑尾健太郎がジャイアント・キリング(奇跡)を起こすのか注目。

更新日: 2017年07月23日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
24 お気に入り 180320 view
お気に入り追加

◆豪華キャストが話題の新ドラマ

「小さな巨人」の文字の向こうにいる モノクロの長谷川さんが超絶かっこいい。ごちそうさまでした(*´∀`) #長谷川博己 #小さな巨人 pic.twitter.com/cawvD9yxRZ

アカデミー賞俳優・長谷川博己を主演に岡田将生、芳根京子、安田顕、春風亭昇太、香川照之ら豪華キャストで、巨大組織“警察”の中でもがき奮闘する男たちの戦いを描くTBS日曜劇場「小さな巨人」。

渡部建(44)との結婚を発表した女優・佐々木希(29)がTBS系ドラマ「小さな巨人」に出演することが10日分かった。佐々木が演じるのは、とある事件のキーパーソンとなる謎の女。

女優の吉田羊が23日放送のTBS系連続ドラマ『小さな巨人』(毎週日曜 後9:00)第2話に出演することがわかった。今回、吉田が演じる菜穂は2話のキーパーソン。

◆『半沢直樹』スタッフを結集したほぼ盤石の体制

『半沢直樹』(2013)

演出:福澤克雄、棚澤孝義、田中健太
原作:池井戸潤
脚本:八津弘幸
プロデューサー:伊與田英徳、飯田和孝
出演:堺雅人、上戸彩、及川光博、香川照之


最終回視聴率42.2%(関東地区)

「小さな巨人」は、日曜劇場快進撃の基盤をつくった大ヒットドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」のスタッフを結集。

今作のプロデューサーは『半沢直樹』と同じ、伊與田英徳氏と飯田和孝氏。『半沢』の脚本を手掛けた八津弘幸氏が脚本協力、演出を担当した福澤克雄氏が監修として参加。

長谷川は「数々のヒット作品を送り出したスタッフの皆さんと様々なジャンルの出演者がどのような科学変化を起こすか、私自身も楽しみでなりません」と期待に胸をふくらませる。

長谷川=長谷川博己

◆そんな中、ドラマの核となる脚本に無名の新鋭を抜擢

『陽気なギャングが地球を回す』(2006)

監督:前田哲
脚本:前田哲、長谷川隆、丑尾健太郎
原作:伊坂幸太郎
出演:大沢たかお、佐藤浩市、松田翔太、鈴木京香

今クールの注目ドラマであることは間違いないのですが、気がかりがある。『半沢直樹』『下町ロケット』で脚本を担当した八津弘幸氏の名前もあることはあるが、あくまで“脚本協力”の立場。

香川照之(51)、佐々木希(29)、桂文枝(72)ら豪華な追加キャストが次々と発表されているが、彼らを生かすも殺すも脚本次第。役者陣の演技以上に、今作は脚本に注目したい。

◆注目の初回 香川照之は安定の顔芸で魅せる

『小さな巨人』。こりゃ警察版『半沢直樹』だわ。香川照之の顔芸が完全に『踊る~』の柳葉敏郎を駆逐し去るか、長谷川博己が「倍返しだ」を超える決め台詞を生み出せるか、楽しみに観ることにする。 #tbs

「小さな巨人」見てるけど、香川照之の顔芸ドラマとわかって見続けることを決めた。

◆裏の主役ともいうべき安田は硬軟自在の演技で惹きつける

一癖も二癖もある役をさらりとこなし、そこに実在感を与えてくれるのが安田の演技の魅力だろう。

こ、これ、安田顕さんが主役なんだね!? 思ったより沢山いい感じで出ておられるー! #小さな巨人

@yasu_da_ken 凄かったです。 鳥肌が立ちました。 お世辞抜きに主役を食ってました。 水曜どうでしょうで安けんさんの事を知ったにわかファンですが、安田顕さんの事を知れて良かったです!

◆『シン・ゴジラ』夫婦もいい味わい 後々この関係も活かされそう

香坂の妻・美沙役で市川実日子も出演。長谷川さんと市川さんは昨年夏公開の『シン・ゴジラ』でも共演しており、今作での再共演に注目が集まっている。

TBS「小さな巨人」長谷川博己さん、市川実日子さんが夫婦役で出てて「シン・ゴジラ」の巨災対のYシャツが臭うシーンのとカブリニヤついてしまった(´-`).。oO #小さな巨人 pic.twitter.com/VxAYscbdm5

小さな巨人、見終えたけど矢口くんと尾頭さんが夫婦。もはや香川照之がシン・ゴジラの第2形態にしか見えない。

1 2





記憶の中で生きてゆける