1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

試合を欠場して向かった先は…テベスの行動に中国ファン大激怒

サポーターが怒るのも当然ですねw

更新日: 2017年04月17日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 46445 view
お気に入り追加

■近年、サッカー界でも大きな影響力を持ち始めた「中国」

中国スーパーリーグは豊富な資金力を生かし、多くのスター選手や大物監督と次々にサインすることで急速な発展を遂げている。

リーグには各国のスター選手がズラリ

上海上港がブラジル代表オスカルを、アジア最高額の移籍金6000万ユーロ(約74億円)で獲得するなど、今冬も”爆買い”は止まらず。

中国スーパーリーグの各クラブが今冬の移籍市場で投じた総額は、史上最高となる3億8800万ユーロ(約455億円)。

国内のサッカー人気も上昇中

習近平国家主席は大のサッカー好きで、2025年までに全国に「サッカー学校」を5万校建設するなどとした改革プランを策定。

国を挙げて国内リーグ全体のレベルアップを図ることで、2050年までのW杯優勝を目標にしているといわれている。

■そんな中国リーグに今年1月から参戦した大物選手が…

2015年夏にイタリアのユベントスを退団し、古巣でもあるアルゼンチンの名門ボカ・ジュニアーズに復帰。

その年棒は約3800万ユーロ(約44億円)とも言われており、サッカー選手として世界最高額となる。

■ところがいま、多くの上海サポーターから非難を受けている

先月5日に行われた開幕戦で1ゴール2アシストを挙げたものの、ここまで出場は4試合のみ。

リーグ戦で長春亜泰との対戦が行われた15日、キックオフ数時間前に「上海ディズニーランド」を訪問していたことが発覚。

この行動にサポーターからは「上海申花は彼にディズニーランドの費用を支払ったのか」と批判するコメントが多く挙がった。

■以前から退団の可能性が報じられていたテベス

母国の有力紙は2月、「中国の食事、生活スタイル、言葉などが合わず」と、テベスが中国での生活になじめていないと報道。

テベスの代理人はこの報道を否定したが、モチベーションの低下はサポーターの間でも心配されていた。

上海申花の広報担当者は、同選手がディズニーランドに行ったのは「プライベートの範囲内」とし、処分を科す理由はないとしている。

■皆さんの反応

テベスが試合欠場当日に上海ディズニーランドに行ってたってマズくない?笑

テベス 欠場当日にディズニー - Y!ニュース news.yahoo.co.jp/pickup/6236849 マリノスにいたあの選手も似たようなことで炎上したよね

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。