1. まとめトップ

吉野家が奨学金!? 高卒認定でも奨学金が!? 最近の奨学金ニュースまとめ

給付型奨学金の新設や少し変わった吉野家の奨学金制度など、なんだか奨学金のニュースが目についたので調べてみました。

更新日: 2017年05月02日

5 お気に入り 3695 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rutedruloさん

返済不要の「給付型」奨学金を設立

これまでは返済義務がある貸与型の奨学金のみでした。
経済状況の悪化により返せないことが問題になりつつありました。

低所得世帯の大学生らを対象にした返済不要の「給付型奨学金」を創設するための改正日本学生支援機構法が31日の参院本会議で、全会一致で可決、成立した。

給付金は国公私立別や通学形態によって異なる。国公立の自宅生は2万円、国公立の自宅外生と私立の自宅生は3万円、私立の自宅外生は4万円。また、児童養護施設の出身者などは、入学時一時金として24万円が別途支給されるという。

給付型は貸与型よりさらに基準が厳しく、成績が著しく悪かったり、不適切な行為をした場合は給付金の打ち切りや返還を求められます。国の税金から支援を受けることになるので、しっかり学んで、社会に役立つ人になってくださいということなのでしょう。

経済的な問題がメインになります。
浪人生や高卒認定取得者などそれまでの過程で切り捨てるということはない模様。

○家計基準
・家計支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)が住民税(所得割)非課税であること
・児童養護施設退所者等社会的養護が必要な人は18歳時点で施設等に入所等している(いた)こと。

○学力・資質基準
具体的な基準は、機構から提示するガイドラインを踏まえて各高等学校等が定めます。

本人が働いているまたは施設などに入所経験があること
「私立に行かせるお金がない」程度では適用されないようです

対象は住民税非課税世帯などの大学、短大、専門学校、高等専門学校(4、5年)の学生など。これには、公明党の主張を受け、一定の要件を満たした浪人生や高校卒業程度認定試験の合格者らも含まれている。

高卒認定の受験料は、受験する科目数によって次の3つに分けられます。
・3科目以下:4500円
・4~6科目:6500円
・7~9科目:8500円
例えば、大学センター試験の受験料が2科目以下で12000円、3科目以上で18000円となっているため、それに比べると安価で受験できる試験だといえます。

高校に3年間火曜よりも高卒認定を取得するほうが圧倒的に安く済みますので、経済的な事情により高校にいけなくても高卒認定を取得して奨学金で大学に行くという方法を取ることもできます

企業などが続々と奨学金の支援

在学中に吉野家でアルバイトをし、卒業後吉野家に4年間勤務した場合に限り給付型になるというもの。
他の外食業界であれば半分免除というのがちょっと他と違う感じです。

“うまい、やすい、はやい”でお馴染みの牛丼チェーン「吉野家」が奨学金制度を開始するのだ。
吉野家ホールディングスが始める奨学金制度の対象は、来年4月の大学入学予定者。入学金と4年間の授業料を全額貸与するが、吉野家の店舗で週3時間以上アルバイトをすることが条件だという。

同制度は、大学生のアルバイトに入学金や学費を貸与するというもの。在学中は週に3時間以上働くことが条件だ。卒業後、同社に入社して4年間勤務した場合は、返済が全額免除され、同業他社に就職した場合でも半額が免除される。年間10人を上限としており、2018年に大学入学予定の学生から募集を開始する。

外食産業でもう1つの問題が離職率の高さ。昨年実施した厚生労働省の調査によれば、入社3年後の離職率は全業種で31・9%なのに対して、宿泊業を含めた外食産業のそれは50・5%のワースト1。新入社員の2人に1人が、3年以内で会社を去る異常事態が続いている。奨学金の返済免除の条件を“4年間勤務”にした理由は離職率を改善し、イメージアップに繋がればと考えているのでしょうか

学校による奨学金支援は決して珍しいものではありませんでしたが、限られた成績優秀者がメインでした。
企業奨学金が増えるに従い、選択肢が増えた印象です。

電通育英会は一定の基準を満たした学生(一般枠約60名、芸術枠約10名)を対象に給付型奨学金を行っています。また、セブン&アイ ホールディングスの創業者の伊藤雅俊氏が創立した伊藤謝恩育英財団は、2018年4月に全国約40校の指定大学への入学を目指す高校3年生(2017年4月1日時点)に対し、入学一時金と月額6万円を支給する給付型の奨学金を支給しています。そのほか、各大学でも優秀な学生を集めようと、独自に奨学金制度を準備していますので、あきらめずにいろいろ調べてみることをおすすめします。

穀物関連機械を製造するサタケ(広島県東広島市)は4月17日、社員の奨学金返済を支援する社内制度を新設したと発表した。入社後3年と5年を経過した社員を対象に、奨学金の返済を一部援助する。社員の経済的負担を軽減し早期退職を防ぐとともに、就職活動中の学生へのアピールを狙う。

「入社後3年を経過した社員に返済額の3カ月分を、同5年で6カ月分を、月額2万円を上限とし夏季賞与に加算して支給する」とのこと

経済的に困窮した学生を対象とした返済不要の「給付型奨学金」が注目される中、新発田市などが今月、新潟職業能力開発短期大学校(同市)の学生向けに同奨学金制度を創設した。
同校は工科系短期大学校として1992年に発足したが、厚生労働省の所管で、文部科学省の奨学金制度などが利用できない。このため、市などで構成する同校の「産業教育振興協議会」が制度の創設を決めた。

〈1〉経済的理由で授業料の納付が困難なこと
〈2〉卒業後、新発田市か胎内市の企業で少なくとも3年間就業する意思があること
〈3〉卒業後、新発田市か胎内市に少なくとも3年間居住する意思のあること

1