1. まとめトップ

Viエディタの機能拡張版Vim

Vimで学んだ知識を追加していくためのまとめ。

更新日: 2017年04月17日

1 お気に入り 286 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

so1maedaさん

Vimとは

Vi Improved の略で、ビジュアルモードが搭載され、テキストのコポーや移動などの操作が視覚的にわかりやすくなった。

国際化にも対応しており、日本語はもちろんのこと、UTF-8、Shift-JIS、EUCの文字エンコーディング、CR、CRLFなどの改行コードも認識可能!

コマンドモードとインサートモード

「コマンドモード」と「インサートモード」という2つのモードが搭載されていて、使いこなすためには、この2つを理解することがカギとなっている。

「インサートモード」は、一般的なエディタと同じような使い方で、キーを入力するとそのままカーソル位置に文字が入力される。

「コマンドモード」の場合は、文字を入力するという機能ではなく、エディタに対して行う操作を担う。

モードの切り替え

「ノーマルモード」と「入力モード」があると言うことを把握
「入力モード」に入るための「i」
「ノーマルモード」に戻るための「Esc」
保存するための「:w」
終了するための「:q」

「ノーマルモード」と「入力モード」となってはいるが、これが「コマンドモード」と「インサートモード」ということになっている。

1